元彼との復縁が絶望的な状態から復縁する方法【3つのポイントで復活愛】

元彼との復縁が絶望的な状態から復縁する方法【3つのポイントで復活愛】

元彼との復縁を目指してきたが、何をやっても上手くいかないし、まったく進展しない。だから復縁はもはや絶望的だから諦めるしかない…と思っていませんか?

確かに元彼が新しい彼女と結婚したとか、海外へ赴任することになったのなら難しいでしょう。

でも多くの方はやるべきことをやらないで、またはやれることがあるのに、それをせずに復縁は絶望的だと判断しているのです。

ここでは絶望的な状況から復縁する方法を解説。復縁の正しい順序を踏むことにより、その絶望的な状況はいくらでも切り抜けることができます。

復縁の基本中の基本「冷却期間」を確認

「元彼の前から自分の存在を完全に消す」の文字と左手をあごに当てて、考え事をする男性

私の復縁は絶望的で諦めるしかないのか…」と悩んでいる方の多くが、正しい冷却期間を置けていません。

冷却期間を端的にいうと、元彼とLINEなどを含めた一切の連絡を取らない期間をいいます。もちろん直接会ってもいけません。つまり元彼の前から自分の存在を完全に消すことが必要です。

さくら
さくら

冷却期間を置く大きな目的としては、元彼が元カノに持つ負の感情を払拭させるためです。

元彼は元カノが嫌になって別れたので、当然ながら元カノに対し負の感情を持っています。その負の感情は時間を置けば、元彼のなかから徐々に消えていきます。

冷却期間を置かないと状況はもっと悪化

お相手が振ったということは、彼女と“離れたい”という意思の表れです。それにもかかわらず、

別れた後も元彼にすがり続けたり、接点を保ちたいがために何度も連絡したり、元彼の意思を尊重しない行動を取り続けた結果…

元彼からキツイ言葉で突き放されたり、ストーカー扱いされるほど嫌われたりなど、絶望的な状況に追い込まれるのです。

絶望的な状況をリセットさせる

実は私も同じような経験があります。

私は彼氏から距離を一度置きたいと言われたときも、実際に振られたときも、彼氏の意思を尊重せずにすがり続けました。その結果、彼氏から次のように言われたのです

「本当に迷惑している。これ以上関わるな!」

「次、連絡してくれば着信拒否するからな!」

優しかった彼氏に、このようなキツイ言葉で突き放されたことは、メチャクチャに辛かったし、本当に絶望しかなかったです。でも、それほど絶望的に嫌われた彼氏と最終的には復縁できました。

さくら
さくら

復縁できた要因のひとつは冷却期間を置いたことです。彼氏の私に対する負の感情が薄まりリセットされました。

冷却期間を置いていない方は、まずはそこから始めないと絶望的な状況はどこまでも続くことになります。

※ 冷却期間の詳細は「元彼と復縁できる真の冷却期間の過ごし方【成功率200%UP!】を徹底解説」で取り上げています。

絶望的に嫌われた状態から振り向いてもらうには

黒で「todo」と印字されたクリーム色の紙と「振られたときの自分を大きく変えよう」の文字

冷却期間を置くことで、元彼の元カノに対する負の感情をリセットできても、それだけで元彼を振り向かすことは無理です。

あくまで絶望的に嫌われた状態から脱しただけで、そこからどれだけ元彼にアプローチを試みても脈なし状態が続きます。

そして「元彼は私のことを過去の人にしているから、もう復縁は絶望的で諦めるしかない…」となるのです。

脈なしの状態が続く理由は交際中と同じ自分のままで接しているため、元彼は元カノに対して興味がわかないからです。
 
元彼と復縁したいのなら、元彼が変わることを期待するのではなく、自分のほうから変わらなければいけません。

自分は変わらないけど、元彼の方からもう一度振り向いてほしい、というのはご都合主義以外の何でもないですよね。

自分が変えればお相手も変わる
私も自分を変えずに、復縁占いやテクニックばかりに頼っていた頃がありました。もちろん何も進展せず復縁を諦めそうになるも、自分を変える大切さを知った後は、自分を変えることに徹底的に集中したのです。

私が変われば彼氏の対応も変わり、ふたりの距離が縮まり始めたのでした。

私が自分を変えるために取り組んだことは「別れの原因の改善」「自分磨きの徹底」です。個別に詳細をお伝えします。

別れの原因を追究し改善させる

IMPORTANTOと1スペルずつ画鋲止めされた写真と「元彼にもう二度と嫌な思いをさせない自分を作る」の文字

別れの原因と徹底的に向き合わないと、復縁は正直難しいです。

さくら
さくら

私は「別れの原因=自分側にある問題点」との認識を持ちました。

私という人間が未熟で問題が多いからこそ、彼氏を疲れさせてしまい、別れを選ばせたのです。

私の問題点を洗いだし、とことん改善しないことには、彼氏は復縁を考えられないと思いました。ですので、別れの原因の改善を最重要課題として取り組みました。

※ 別れの原因と改善の詳細は「別れの原因の知る主な方法2つを解説【彼氏に振られた本当の理由がわかる】」で取り上げています。

彼に嫌な思いをさせない自分を作る

別れの原因を追究するのは難しかったです。

交際中の自分や彼氏のことを、何度も深く見つめ直すことが必要でした。そのことが辛くて、時には涙も流しましたが、今まで気づけなかった私の問題点がわかったのです。

決定的なことから小さなこともわかり、「こんな私では彼氏に振られるのも当たり前か…」と落ち込みました。 しかしやるべきことが明確化したので、気持ちを切りかえ、彼氏に二度と嫌な思いをさせない自分作りに没頭し、改善させました

さくら
さくら

別れの原因、つまり私の問題点が改善できたからこそ、復縁できしたし、彼氏と結ばれた今があると強く思います。

※ 私の別れの原因は「彼氏と別れる原因になった私の未熟な部分とは【別れの原因を見つけた方法】」で詳しく取り上げています。

自分磨きの徹底

「興味を持ってもらえれば反応が変わる」の文字とソファにもたれスマホを見る男性

彼氏に振られたのは、私が未熟だったことに加えて、彼氏が私に魅力を感じなくなったのも大きな要因でした。

交際中の私は彼氏のことばかりで、自分を高めたり、何か新たなチャレンジしたりすることはなかったです。典型的な依存女ですね(苦笑)

だから彼氏は私のことをだんだん魅力的に思えなくなると同時に、ツマラナイ女だと感じたのでしょう。

彼氏に私は魅力的だと再び思ってもらうために、自分を成長させる自分磨きを徹底的に取り組みました。具体的には次のとおりです。

  • 体型改善のストレッチ
  • まわりの人の対応を改める
  • 知識を高めるための読書
  • FPの勉強
  • メイク教室で習う
  • 料理のレシピを増やす…など

こられのことを徹底し自分を磨いたことで、まわりの反応が変わり、以前よりも明らかに人気が上がったと感じました。

さくら
さくら

すごく嬉しかったし、大きな自信にもなったし、ひいては魅力アップにも繋がったと思います。

最初こそ義務的な感じで取り組んでいました。でも自分が豊かになっているのが嬉しくて、「もっと自分を変えたい!」と楽しんで取り組めるようになりました。

※ 自分磨きの詳細は「復縁の成功率が大きくUPする自分磨きの重要ポイント!【結果にコミット】」で取り上げています。

元彼と新たな関係を築くこと

ブルーのソファに座ってコーヒーを飲みながら談笑する友達と「友達から関係を再構築し恋人関係に発展させる」の文字

冷却期間中に自分を大きく変えられた私は、ようやく彼氏との再接触を試みたのです。まずは彼氏にメールで連絡することから始めました。

さくら
さくら

メッセージを送る際に意識したのは、友達という立場で接するということです。

もちろん抵抗感はありましたし、別れる前と同じようにしたかったです。でもそのときの私は彼女ではないので、別れる前と同じスタンスで連絡すると明らかにおかしいため、友達の立場をとりました。

送ったメッセージは確か次のような内容だったと思います。

「お久しぶり。元気にしていた? 急に連絡ゴメン。ずっと借りているDVDどうしたらいいかな?」

別れた元彼に対しての初めての連絡ですから、必要性や相当性がある内容にしました。

別れの事実をしっかり受け止める

「別れた彼氏と友達から入るなんて嫌だ!」と思う方もなかにはいるかもしれません。でもお伝えしたとおり、お相手とは別れて関係性が変わっています。

さくら
さくら

最初から「彼女に戻りたい!」というのは、自分の都合を元彼に押し付けているだけです。

元彼とすれば、そんな元カノに違和感がありますし、別れの意味をわかっていないことにも苛立ちを覚えます。

当然、元彼は距離を置こうとするので、一向にふたりの距離は縮まらず「復縁は絶望的だから諦めるしかない…」と苦しむのです。

ずっと友達の状態ではない

「友達からだと、ずっとそのままでは…」と不安になる方もいるでしょうが大丈夫です。友達として親交を重ねていれば、関係性はどんどん深まり、いずれは恋人関係に発展するので心配はいりません。

冷却期間後のスタンスをまとめると、元彼の彼女に戻ろうとするのではなく、新たな関係を築くことが求められます。

初めて交際する前の雰囲気となった

私も彼氏との距離をいきなり縮めることはせずに、ふたりの距離を徐々に縮ませました。そうすることで信頼関係を築ける共に関係性もどんどん深められ、再び最初の交際前のような雰囲気になりました。

最終的には彼氏から復縁の告白を受けることができました。

さくら
さくら

あのときは、これまでの私の人生のなかで一番に幸せな瞬間でしたし、今思い返しても胸が熱くなります。

彼氏にキツイ言葉で突き放され絶望し、その後に復縁を目指すも、まったく進展しない失望のときを経たからこそ尚更でした。諦めなくて本当に良かったです。

※ 友達関係から入る理由などの詳細は「元彼と復縁するための友達からという選択【恋人関係への確かな再構築法】」で取り上げています。

絶望的と思える状況でも復縁はできる

チェックボックス

ここまでは絶望的な状況から復縁するために行うべきことを、私の経験談と共にお伝えしました。

次は絶望的と思いがちな場面における対応法のポイントをお伝えしますね。多くの方が絶望的だと捉えがちな状況は次の3つです。

これらの対処法はこれまでお伝えした内容を前提としたものです。では個別に内容をお伝えします。

LINEなどを無視され続けている

元彼にLINEやメールを送るも返信がたまにしかこない、またはずっと無視をされていることで、絶望し諦める方は少なくありません。

しかし連絡を無視されている状況であったとしても、そこから適切な対処すれば復縁は十分に可能です。

さくら
さくら

対処とは、LINEなどを送るタイミングやメッセージの内容、メッセージを送った後のこちらの行動を見返すことです。

ダメなところが必ずあるはずなので、そこを改善する必要があります。詳しくは「元カレに連絡を無視される主な5つの理由と対処法【元カレの心理も解説】」で取り上げています。

着信拒否されている

元カノからの入電を無視して、手で要らないというポーズをする男性のイラスト

こちらが送ったメッセージに対して、着信拒否設定などをされると、絶望的に感じるのも無理はありません。それでもきちんとした手順を踏めば、その最悪な状況から脱し、復縁することも可能です。

対処のポイントは、長め(半年以上)の冷却期間を置く、元彼に直接的ではなく、間接的かつ慎重に連絡をとること。最後に焦らずじっくりと元彼の警戒心を解いていくことです。

詳しくは「着信拒否からの復縁の詳細は「元彼に着信拒否された人でも半年で連絡が再開できる7つのポイント【解決】」で取り上げています。

元彼に新しい彼女ができた

元彼に新しい彼女ができた場合も、復縁は絶望的だと思われがちですが、実はそうでもありません。絶望的ではない大きな理由は、新しい彼女がいる元彼は、その彼女と元カノを比較するからです。

比較したとき何かと新しい彼女の方が良いと確認したがります。ですので、元彼が受けている印象をひっくり返すことができれば、元彼は再び元カノを選びます。

印象をひっくり返すポイントは、元彼が認めていたこちらの長所をさらに磨き、新たな魅力を身につける自分磨きを徹することです。

詳しくは、「元彼に彼女ができた…でも大丈夫!復縁への流れと3つのポイントを解説」で取り上げています。

絶望的な状況から復縁を成功させた方の例

復縁したカップルが夕日を見ている

「元彼と絶対に復縁する!」という強い気持ちと、そのための正しい復縁の段階を踏む。適切な復縁活動ができれば、たとえ絶望的だと思える状況も変えられます

ここでまさに絶望的と思える状況から、実際に復縁を成功させた方の例をお伝えしますね。

【復縁を目指したときの状況】
お相手に電話番号、メールアドレスなどの連絡先のすべて変えられた。

元彼への連絡が無理なうえに、お相手に心底嫌われてしまい、間違いなく「復縁は絶望的」と考えられる状況に陥りました。この絶望的かつ選択肢が少ない状況でも、この方は復縁を諦めませんでした。

自分を大きく変えてまわりにアピール

まずは自分を大きく変えないとダメだと思い、自分磨きにとことん励みました。そして自分磨きで外面・内面ともに美しくなった姿を、自身も知っている元彼の友達に見せ続けました。

元彼の友達を介して本人に伝え続けたところ、元カノに再び関心を持ったのです。その後、元彼の方から元カノにメールを送り、それをきっかけにやりとりが再開し、最終的に復縁できたのです。

さくら
さくら

この方が復縁を成功させた一番の要因は、絶望的だと諦めず、プラス思考で復縁活動を続けたこと他ありません。

復縁はできないと諦める前に、とにかく自身ができることを全力で取り組むことです。今できることを全力で取り組めば、少しずつながらも状況は確実に変わっていきますよ。

最終的に元彼との復縁を諦める前に

ハートを持つ女性と「後悔しないように」の文字

色々考え抜いた末、やっぱり復縁を諦めようと思った方に対し、最後にやってほしいことがあります。それはダメ元でいいので、最後に元彼と会って、自分の気持ちのすべてを告白することです。

特に、別れの原因の改善など、自分を変える努力を頑張ってきた方ほど絶対に告白しましょう。な絶望的だと判断し、気持ちを押し殺して想いを伝えないまま諦めると、後に次のように自分を強く責めるからです。

「やっぱり元彼に気持ちを伝えておけばよかった…」と、何年経ってもず後悔をし続けている。

気持ちを切り替えるためにも

私はあるときを機に、諦めるとか、可能性とか、失敗とかは一切考えなかったです。でも仮に諦めることがあったとすれば、その前に必ず告白していたと断言できます。後悔はしたくないから。

これから新しい恋愛に向けて気持ちを切り替えするためにも、元彼に気持ちを伝えられる状況にあるならば必ず告白すべきです。それに可能性は決してゼロではありません。

さくら
さくら

特に自分を大きく成長させられた方は、むしろ可能性が高いはず。最後まで望みは捨てないでください。

絶望などない! どんな状況でも復縁できる

木の板に「まとめ」の文字とマジックインク

絶望的な状況から復縁する方法を解説しました。

お伝えした復縁の段階をしっかり踏むことができれば、基本的にはどんな状況でも復縁は実現します。

「私はまだ復縁の可能性が十分ある。まだ諦めることはない!」

この記事を読んで復縁に希望を持てたなら、これ以上嬉しことはありません。

それでは、最後まで見ていただきありがとうございました。さくらがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください