元カレと適切な復縁のきっかけの作り方【6つのポイントで成功率アップ】

元カレと適切な復縁のきっかけの作り方【6つのポイントで成功率アップ】

どうすれば元カレとの復縁のきっかけを作れるのか?というお話です。

私が復縁活動を始めた頃は、彼氏との復縁のきっかけを、

  • どうすればいいのだろう?
  • どっちが作るの?
  • どんな形がいい?

このようなことで悩みましたが、あなたも同じことを思っていることでしょう。

ここでは元カレと復縁する適切なきっかけの作り方や流れを、私のエピソードも踏まえてお伝えします。この記事を読めば、適切なきっかけ作りがわかるので、復縁をスムーズに進められますよ。

元彼との復縁のきっかけを作るのはどちらから

「元彼から」と書かれたボードを持つ男性と「自分から」と書かれたボードを持つ女性のイラスト

最初に思い浮かぶ疑問として、復縁のきっかけは、「自分からor彼氏から」じゃないでしょうか。結論から言いますと「自分からきっかけを作る」です。

さくら
さくら

世の中、何か得たい結果があれば自分の方から動くことが原則です。

私は当時「彼氏から方から連絡がこないかな?」などと心の片隅で思っていましたが、やっぱりきませんでした。彼氏に嫌われて振られたのですから、向こうから連絡がくるなんてないですよね。

「彼氏の方から」という私の考えは、かなり自分に都合が良いことでした。自分が先に好かれたい、良い思いをしたい、という私を優先していたのですから。

待ちの姿勢でいた頃は、彼氏との距離が少しも縮まらなかったのも当然でした。その過ちに気づけてからは、復縁のきっかけ作りは自分からするようにしました。

自分からきっかけを作る前にやるべきこと

「復縁するためにすべきこと」「元彼の元カノに対する嫌悪感を消す」 「新たな魅力を備える」「自分の未熟な点を改める」の文字

復縁は基本的に「自分のことを冷められてしまったお相手に対して」するものです。

こちらは復縁したい側なので、当然ながら恋愛感情はありますが、元彼にはありません。だからもう一度こちらに恋愛感情を持ってもらう必要があります。

そのためには、元カノと付き合えば「楽しいだろう、癒されるだろう」などの元彼にとってメリットがないと当然ダメですよね。

さくら
さくら

まずは元彼にメリットを感じてもらえる自分自身を、先に作ることを優先しないといけません。

与えられるメリットなしできっかけを持っても、元彼に良い反応を得る難しいからこそ、きっかけを作るタイミングはその後です。私がメリットを感じてもらうために取り組んだことは次の3つです。

個別に内容を取り上げます。

元彼との接触の一切を絶つ期間を作る

ビルの壁にもたれている男性と「時間が元彼の元カノに対する嫌悪感を消してくれる」の文字

彼氏が私を振った理由は、私が嫌になったから、一緒にいても楽しくなかったからです。

なぜ思われていたのかといえば、付き合っている際の私の彼氏に対する言動が、彼氏に不快感を与え続けたからでした。不快感がピークに達したからこそ、私は別れを告げられたのです。

負の感情は別れてしばらくは強く持たれたままですので、まずはお相手の負の感情を和らげないことには何をしても反発されます。

さくら
さくら

私は3ヶ月半ほど彼氏にまったく会わない、連絡もしない期間を置きました。

彼氏が私へ持つ負の感情は、時間を置くことで彼氏のなかから徐々に消えたのです。

私は彼氏がフラットな状態になってから、きっかけを作るようにしました。なお、お相手の負の感情を消し去るための期間を、復縁の世界では「冷却期間」といいます。

※ 冷却期間の詳細は「元彼と復縁できる真の冷却期間の過ごし方【成功率200%UP!】を徹底解説」で取り上げています。

元彼が嫌がった自分の問題点を改める

IMPORTANTOと1スペルずつ画鋲止めされた写真と「元彼にもう二度と嫌な思いをさせない自分を作る」の文字

「彼氏の嫌がった自分の問題点を改める」ことは、私が復縁活動のなかでもっとも重視した取り組みでした。

先ほどお伝えしたとおり、私の不快な言動が原因で彼氏に振られた。もっといえば私の性格や人間性に問題があったのです。

彼氏に復縁したいと思わすには、「さくらの悪かったところは随分と良くなったな」と見直してもらう必要がありました。

人として成長できた

ですので、今後は彼氏に私のことで嫌な思いをさせない自分を作ろうと決意しました。そのために別れの原因、つまり私側にある問題点を徹底的に洗いし、出来る限りの改善をさせたのです。 私の問題点の改善を通じて、自分がいかに未熟な部分があったかを知ることができ、人として成長ができた

※ 別れの原因と改善に関する詳細は「別れの原因の知る主な方法2つを解説【彼氏に振られた本当の理由がわかる】」で取り上げています。

自分の外見面と内面を磨く

身体をケアする女性の姿と「自分磨きで魅力的な女性になり」などの文字

彼氏が私に再び恋愛感情を持ってもらうためには、ふたりが交際中のときにはない、私の新しい魅力が必要だと感じました。

彼氏に興味を持たれない限りは、ふたりの仲が縮まらないと思ったからです。そこで私の魅力を上げるための外見面と内面を磨く取り組みを徹底しました。

外見面は次の内容に取り組みました。

  • スリムな体型を目指すストレッチ
  • 私に合うメイクの勉強
  • バストアップ
  • スキンケア…など

内面に関しては次のとおりです。

  • 別れの原因の改善
  • 新たな知識を身につけるための読書
  • 資格試験に挑戦
  • 料理のレパートリーを増やす…など

自分磨きを続けるほど効果をと実感。まわりの反応も良くなり、自分の魅力がアップしていると自信を持てるようになりました。自分を変えられた自信は、復縁成功の大きな要因となったのは間違いありません。

※ 自分磨きの詳細は「復縁の成功率が大きくUPする自分磨きの重要ポイント!【結果にコミット】」で取り上げています。

元彼と復縁するきっかけはどう作る?

「how to」と書かれた紙

元彼にメリットを感じてもらえる自分になれたのなら、次は実際に復縁に向けてのきっかけ作りが必要です。

お伝えしたとおり、こちらから元彼に接点をもつようにしないと何も始まりません。そこで元彼との接点を持つ方法は次のような内容が考えられます。

個別にその方法が適切かを確認してみましょう。

直接会いに行く

復縁のきっかけ作りとしては不適切です。

元彼は元カノのことが嫌になって別れを選びました。ですので、頭のなかでは振ったことの気まずさも相まって、出来る限り会いたくないと思っています。

冷却期間を置いたことで、元カノに対する嫌悪感は薄まっているといえども、突然その本人が現れるのはインパクトが強すぎます。

彼は瞬間的に交際中の嫌な思い出が蘇ると共に、「元カノが復縁したいと言ってくるのでは?」と警戒します。

軽く挨拶くらいはするでしょうが、早く逃げたい元彼は元カノの前をなるべく早く立ち去ろうとします。離れた後「ウザイ! しつこい奴だな」と嫌悪感を持たれるでしょう。

電話をかける

復縁のきっかけ作りとしては不適切です。これも元彼の警戒心や嫌悪感を上げるだけの行為です。

嫌で別れた元カノから突然に電話がくれた、客観的に考えれば基本的に嬉しいわけがありません。ですので、元彼が電話に出たときの対応は、次のようになると予想できます。

突然の元カノの連絡に…
元カノ:「もしもし、久しぶり元気?」
 
元彼:「あ~元気だけど、何か用?」
 
元カノ:「特にないんだけど、何しているかなって思って」
 
元彼:「俺たちもう別れたんだよね? 用もないのに連絡しないでよ!」

このような最悪な展開が待っています。

大方は元彼が電話をとることもなく、折り返しも掛かってこない可能性も高いでしょう。電話は出てみないと用件がわからないから、元彼からすれば電話に出るハードルが高いからです。

さくら
さくら

また電話が掛かってきた理由をあれこれ悪い方に想像を膨らませ、元カノのイメージを下げる恐れがあります。

以上のように電話をかけるのはマイナスとなる可能性が大です。

※ 元彼に対する電話の詳細は「元カレと電話したい|復縁に向けての電話の適切なタイミングを解説【重要】」で取り上げています。

手紙を送る

復縁のきっかけ作りとしては不適切です。

連絡方法として、LINEが主流のこの世のなか「手紙」は存在感がありすぎます。加えて、復縁は友達の関係から始めて、そこから元彼からの信頼を得て、恋愛関係へ徐々に発展させる流れにも反しています。

友達の関係になりたい元彼に対し、冷却期間後にいきなり手紙を送るというのは明らかに変です。

手紙に書く内容にも無理がある

そもそも手紙に書く内容にも困るでしょう。

LINEなどで行うやりとりを手紙ですればおかしいので、書ける内容はやはり交際中の思い出や、反省とかに自ずとなります。それを見た元彼は「まだ俺に未練があるのか? 重いな…」としか思わないでしょう。

手紙が復縁には不向きである理由などの詳細は「元彼に手紙を出したい?復縁したいなら逆効果です【NGである理由を解説】」で取り上げています。

LINEやメールを送る

元彼との復縁のきっかけ作りとして、もっとも適している方法はLINEまたはメールを送ることです。私もメールを送ることを復縁のきっかけのファーストステップとしました。

元彼との復縁のきっかけ作りとして、もっとも適している方法はLINEまたはメールを送ることです。私もメールを送ることを復縁のきっかけのファーストステップとしました。

メールやLINEは上記3つの方法と比べると警戒心などは大分と薄れます。ただし送る内容については注意が必要ですよ。

さくら
さくら

LINEなどが、いくら復縁のきっかけ作りとしては最適でも、送る内容に問題があると復縁は進展しません。

送る内容について後ほど詳しくお伝えします。

元彼の誕生日やバレンタイをきっかけとしたい

誕生日と書かれたボード

元彼の誕生日やバレンタイン、クリスマスなどの時期を復縁のきっかけとしたい、と考える方は多くいます。

元彼の誕生日は特に多い印象です。もちろん、そのタイミングをきっかけとすることは構いませんし、場合によっては効果的に働くこともあるでしょう。

ただし先ほどお伝えした、次の3つができていることが前提となります。

元彼の誕生日だからといって、復縁に必要な段階を経ずに無理に接触しても、失敗する可能性が高いでしょう。

さくら
さくら

まずは自分自身が変わらないことには、どんなタイミングで動いても元彼の心は動きません。

※ 元彼の誕生日と復縁に関する詳細は「元彼の誕生日にLINEでおめでとうと伝えたい【ポイント解説・例文あり】」で取り上げています。

実際に元彼へ連絡入れる前にやるべきこと

黄色の壁紙に「check!!」という文字を差し棒で刺している

元彼にメールやLINEで連絡を入れる前に、やってほしいことがあります。

冷却期間中は外見面の自分磨きに取り組み、キレイな姿に変わったはずです。魅力的に変わった姿をLINEのアイコンに設定し、間接的に元彼へアピールしましょう。

もし元彼がアイコンを見れば、キレイなった元カノに興味を持ちます。そのことでコミュニケーションをスムーズに進める効果が期待できますよ。

実際に連絡が増えた
私はダイエット成功後の自分を載せたものを、実際にLINEのアイコンに設定しました。それ以前にもメールでやりとりはしていたのですが、思い返せばこの時期から彼氏との連絡の回数は増えました。

また同様で、元彼と繋がっているXやインスタグラムなどのSNSでも、自分の姿が映ったものを投稿するといいでしょう。元彼に目に留まる確率がよりUPしますよ。

内面の自分磨きの成果投稿も効果的

私は内面に関する自分磨きの取り組みをSNSで投稿して、元彼に見てもらえるようにもしました。

例えば、私は料理が好きで得意でしたが、魚を3枚おろしにするといった作業は苦手で、いつも切り身を買っていました。

そこで料理の腕を上げるために、小さめの鯛などを1からおろす練習をして、できるようになったことを載せていました。

彼氏はその投稿を見ていて「頑張っているな。さくらは料理上手だったな」と思ったそうです。

このように、事前に自分の変化を間接的アピールすることで元彼に変化を感じてもらえ、興味を持ってもらえやすくなります。

注意点

ただし注意が2点あります。ひとつは元彼を意識して不自然なものにならないこと。

ふたつ目は、冷却期間中はSNSで自分に関する投稿はしないことです。間接的といえども、元彼に自分のことが目に触れることで、冷却期間の効果が薄れるからです。

※ SNSを使ったアピールの仕方などの詳細は「SNSで復縁する方法|効果的なアピール方法など3つのポイント【簡単】」で取り上げています。

元彼との復縁が進展するLINEの内容とは

スマホのメッセージ入力画面

それでは元彼との復縁のきっかけ作りとなるLINEやメールを送るにおいて、どんな内容が適切かをお伝えします。

その前に「LINEとメールどっちの方がいいの?」と疑問を持たれた方もいるかもしれません。答えはメールが望ましいです。

私も最初の段階はメールを使っていました。理由はLINEだと簡単にブロックされる恐れがあることや、彼氏の既読が常に気なる状態になるため好ましくないと思ったからです。

とはいえ、最近はお相手のメールアドレスを知らない方も多いのでで、その場合はLINEでOKです。

元彼が返信し易いメッセージ内容とは?

元彼にメッセージを送る際の前提があります。

「元彼とはあくまで友達として接すること」と「もう元彼には未練はない風に装いやりとりすること」です。

あなたが送るLINEなどには、そのことが元彼にわかるようしなければなりません。元彼に復縁目的のLINEと思われれば、警戒されて返信されない可能性が高くなるからです。

さくら
さくら

元彼とのファーストコンタクトの最大の目的は、元彼から返信を貰うことにあります。

私は最初に送るメッセージは次のことを心掛けました。

  • 短く
  • 明るく
  • 必要性がある内容

冷却期間後の私が彼氏へ送った実際の初メールは、次のような内容だったと思います。

私が最初に送ったメッセージ
「久しぶりだね。元気にしている? 急なメールでゴメン。〇〇(彼氏)に借りていたDVDどうしたらいいかな?」

このように上記3つを備えたメッセージ内容であれば、お相手も返信がし易いです。実際、このメールに対して彼氏から返信がきました。

なお元彼と友達の関係で接する必要性の詳細は「元彼と復縁するための友達からという選択【恋人関係への確かな再構築法】」で取り上げています。

元彼に未練が見えてはいけない理由の詳細は「復縁するには元彼に未練が見えてはいけない6つの理由と消す方法【解決法】」で取り上げています。

送っても返信がこないメッセージ内容とは

送っても返信がこない、復縁のきっかけが掴めないメッセージ内容は次のとおりです。

  • 長文
  • 彼女目線の内容
  • 自分の近況報告のみ
  • どうでも悩みを相談する

このうち特に多いのは、長文のメッセージを送ることです。文章の長さは未練の大きさと比例して捉えられます。

自分への未練がわかるLINEなどを受け取った元彼は、元カノにはまだ強い未練が残っていると感じるでしょう。結果、警戒して無視を決めこみます。

※元彼に連絡を無視される理由の詳細は「元カレに連絡を無視される主な5つの理由と対処法【元カレの心理も解説】」で取り上げています。

元彼から返信がきたら

手の平に赤文字で「STOP」の文字と「すぐの返信は復縁目的と疑われる恐れがある」の文字

ときは、めちゃくちゃ嬉しかったです。そして彼氏からきた返信に対しての返信をすぐにでも送りたかったのですが、そこはグッと堪えました。

すぐに返信をすることで、私のテンションの高さに彼氏が気づき「もしかして復縁目的?」と勘繰られるのを避けたかったからです。

さくら
さくら

違和感を与えないように、彼氏から返信がきた間隔と同じか、それ以上の間隔をあけて返信しました。

また彼氏との距離感を急に縮めるようなメッセージは避けて、関係性を少しずつ深め仲良くなることを意識しました。このような流れで、私と彼氏との距離を徐々に縮められたのです。

そしていよいよ「彼氏と実際に会う」という段階に進められました。

※ 復縁前のデートに関しての詳細は「復縁前の元彼とのデートを成功させる5つのポイント【距離がぐっと近づく】」で取り上げています。

元カレとの復縁のきっかけまとめ

木の板に「まとめ」の文字とマジックインク

元彼と復縁するきっかけをテーマとして取り上げました。

復縁を望む以上は、自分からきっかけを作るのが大前提です。そして実際にきっかけを作るということは、元彼と接触を図ることですので、その時点で別れたときと同じ自分ではいけません。

人間的に成長し魅力的な女性に変わっている必要がありますよ。

最初はLINEやメールで連絡をとることが最適です。「短く、明るく、必要性がある内容」のメッセージを送りましょう。

元彼からの返信はきっと届き、復縁のきっかけの第一歩を踏み出せます。

それでは最後まで見ていただきましてありがとうございました。さくらがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください