元カレとの復縁が失敗しても後に復縁できる3ステップ【諦める必要なし】

元カレとの復縁が失敗しても後に復縁できる3ステップ【諦める必要なし】

元彼との復縁を目指し、その行動を起こしていると、ときには「失敗した…」と泣きたくなるほど落胆することがあります。

なかには「こんな失敗したのだから、復縁はもう無理なのでは…」と絶望的になる方もいるでしょう。でも大丈夫。多くの場合は挽回可能な失敗ですよ。

ここでは復縁を失敗した後から、復縁するための方法やポイント解説しています。

「復縁を失敗した…」と落ち込んでいる方はもちろん。「失敗は絶対に防ぎたい」と思っている方もチェックしてください。

復縁の失敗の大半は挽回できます

雲間からの光の画像と「多くの失敗は普通に挽回できる」などの文字

多くの方が思う「復縁における失敗例」とは、次のような内容ではないでしょうか?

  • 元彼を怒らせてしまった
  • 元彼から嫌われた
  • LINEをずっと無視されている
  • 着信拒否された
  • メールアドレスを変えられた
  • LINEをブロックされた
  • デートに誘ったら返信がこなくなった
  • 告白を断られた…etc
さくら
さくら

確かにこれらは失敗といえば失敗ですが、すべて「挽回可能な失敗」です。

私も彼氏に振られた後、しつこくすがったために着信拒否宣言をされるほど、嫌われました。失敗以外の何もでもありませんが、挽回して6ヶ月後に復縁できました。

他には私がサポートした方のなかにも、元彼へ送ったLINEに問題があったため、ブロックされるという失敗をしました。でも普通に復縁できました。

失敗を気にする必要はない

このように復縁活動していて何らかの失敗している方は結構多いですが、その後に適切な行動をとれば復縁は普通に可能です。

多くの方の思っている失敗は、「可能性がなくなった」または「可能性が限りなく低くなった」という内容ではないです。だから気にすることはありません。

私もそうでしたが、失敗しても諦めない気持ちさえ持てれば、挽回できるのです。

挽回不能な失敗とは?

「WARNING」と「挽回が不可能な失敗」などの文字

しかし失敗のなかには挽回不可能な失敗もあります。失敗を恐れて何も行動しないことです。

自分がやろうとする行動に対し、あれこれ考えすぎることに加えて「もし悪い結果になればどうしよう…」などと恐れを抱く。結果、何も行動しないのです。そして行動できなかった自分に対して、

「今月も復縁活動がまったくできなかった…」

「あのときにこれをしていれば、今頃は…」

「あの日に戻れれば…」

という「後悔」だけを生じるのです。

行動できないことの弊害

後悔は自己否定に繋がり、よりネガティブな考えをもたらせ、復縁成功には真反対の自分ができます。先ほど挙げた挽回可能な失敗は、すべて行動を起こした結果の失敗です。

既に行動を起こしているからこそ、行動により挽回することが可能なのです。

復縁できる要素が増えない
方で何も行動をできない状態は、復縁成功の要素をまったく作れないまま時間だけが経過しています。そんな状況を一変させるには、元彼の気持ちが自ずと変化する事態を望むしかありません。

当然ながら、そのようなことは一等の宝くじを当てるような確率ですので、ほぼ復縁は不可能です。

復縁の可能性がいよいよゼロに…

そして元彼に彼女ができた。または多くの日が過ぎたがまったく進展していない現状を振り返ったとき、

「なぜ私はずっと行動しなかったのか…」などと自分を強く責め、精神的に失望するという深刻な事態になります…。

精神的に失望するといよいよ本当に動けなくなり、復縁の可能性はゼロになるのです。

行動ができない自分を防ぐには?

うなだれている女性の姿と「行動できない原因は間違ったマインドだから」の文字

私も何も行動を起こせない時期がありました。原因は自分のマインドの持ち方が間違っていたのです。心の持ちようが後ろ向きだったり、復縁の考え方ズレたりしたため、自然とそうなっていました。

ここからは行動できなくなるのを防ぐため、復縁を目指す上においての間違ったマインドなどを、私の例を含め取り上げます

できる? できない? を考えない

元彼との復縁を目指したとき、次のような観点になりがちです。

  • 復縁できるか? or できない?
  • あきらめる or あきらめない
  • 成功する可能性はどれくらい?

しかしこのような考え方は、何も行動を起こせない原因となるのでやめましょう。最初から失敗すると決めつけているからです。

実際に自分ではそう思っていなくても、自然と失敗すると潜在意識に刷りこまれ、無意識にそうさせるのです。

失敗すると決めつけているので動くのが怖くなり、行動が起こせなくなります。当然ながら行動しないので復縁は失敗します。

可能性ばかりを気にしていた

私の場合は「成功する可能性はどれくらい?」を一時期ずっと気にしていました。思い返せば、その頃は復縁を成功させるための行動をせずに、復縁占いとか、グッズだけにすがっていたな…

何かにだけにすがる考え方は非常に後ろ向きで、復縁を諦めたときに自分を納得させる、守りたいがためにしていたと思います。

あるときから私は後ろ向きな考えがでたら、頭のなかでかき消しました。その後は「どうすればできる?」を常に考えるようにした。

さくら
さくら

ポジティブな考え方できたことで、困難な状況に遭遇しても乗り越えていける力を身につけられました。

無理と思えばやっぱり無理

NOと書かれた紙のイラストと「無理という考えはマイナスしか生まれない」の文字

復縁に向けての行動をする際「どうせ無理だろう」と考えるのは禁物です。

例えば、元彼へLINEなどを送る場合に「送ってもどうせ返信はこないかな」みたいな考えです。「どうせ無理だろう」と考えれば、行動することにブレーキが掛かります。

仮に行動ができたとしても、実際に自分が無理だと思えば どうやっても無理なのです。

当然ながら「思い通りになると思えば必ずうまくいく」というものではありません。しかし無理だと常に考えている人と比べて、うまくいく人が多いのは間違いないでしょう。

さくら
さくら

「無理に決まっている」と結果ありきで、自分で可能性を否定すれば、ますますそんな結果を引き寄せるのです。

私は途中から「うまくいかない、どうせ無理だと」という考えは、きっぱりと捨てました。

復縁失敗から成功させるにはステップが重要

「STEP」と「失敗から復縁するための3つの段階」の文字

復縁を失敗したと思ったら、その後は復縁成功への適切なステップを踏む必要があります。適切なステップをしっかり踏みなおしたからこそ、私は失敗を挽回し復縁できました。

復縁の成功への適切なステップは次のとおりです。

復縁の適切なステップ
元彼のあなたに対する嫌悪感を下げる

自分を徹底的に成長させる

友達の立場で親交を深め、恋愛関係に発展させる

大まかにはこのステップを踏む必要があります。

さくら
さくら

失敗する方は自分の気持ちばかりが焦って、このステップをしっかり踏めていません。

なかには「私は成功のステップをしっかり踏んでいるよ」という方がいますが、不十分だからこそ失敗しているのです。これらのステップをしっかり踏み、再び復縁のタイミングを計りましょう。

それでは復縁成功へのステップを個別的に説明しますね。

元彼のあなたに対する嫌悪感を下げる

ソファで右手をほほにつけ元カノを思い出している元彼と「元カノの存在を感じさせない期間が効果あり」の文字

別れてすぐに元彼へ何度も連絡し続けて、着信拒否などをされてしまう、という失敗をした方は多いでしょう。私も同じようなことをした経験者です。

男性が別れを決意する理由
彼氏が彼女との別れを決意するのは、彼女に対する不満が蓄積し、限界値を超えたからです。別れを告げた彼氏の心理状態は「彼女と早く離れてひとりになりたい」という気持ちが強くあります。
 
つまり彼女に対して強い嫌悪感を持っている状態です。

負の感情が強い状態の彼氏に対し、私は振られて間もないのに彼氏に連絡を一方的に取り続けました。今思えばシャットアウトされたのも当然です。

まずは彼氏の嫌悪感を下げない限り、こちらが何をしても失敗します。彼氏が元カノに抱く嫌悪感を下げるためには時間が必要です。時間は復縁成功に欠かせない要素のひとつとなります。

嫌悪感を下げるためにやるべきこと

具体的には「冷却期間」と呼ばれる、LINEやメールなども含め、元彼との接触の一切を絶つ期間を置くことが必要です。冷却期間を取っていない方は、まずはここから仕切り直しましょう。

また冷却期間を置いたが、その後の行動間違ったため元彼から嫌われる失敗をした場合は、冷却期間を再び取り直す必要があります。

※ 冷却期間の詳細は「元彼と復縁できる真の冷却期間の過ごし方【成功率200%UP!】を徹底解説」で取り上げています。

※ 元彼に嫌われた場合の対処法などの詳細は「「元彼に嫌われた人でも半年で復縁できる方法【成功させる2大要素とは】」で取り上げています。

自分を大きく成長させる

青天の下でストレッチをする女性の姿と「復縁する為の基本」などの文字

彼氏と別れたときと同じ自分自身では復縁なんて到底できません。理由は簡単で、お相手は彼女が嫌だと思ったからこそ別れを選んだからです。

さくら
さくら

私は復縁するために、自分を徹底的に成長させ、彼氏に魅力的な女性と思ってもらえるように努力しました。

私もそうでしたが、失敗する方の多くは自己成長させることよりも「元彼と早く復縁したい!」という気持ちを最優先させるのです。

元彼の気持ちを変えたいのであれば、自分から変わる必要があります。復縁成功の大きなポイントは、まさにこの自己成長ができているかどうかになります。

復縁テクニックなどには頼らない

自分を成長させずに、引き寄せの法則や駆け引きなどの復縁テクニックだけに頼っても、元彼の心はまったく動きません。

運よくデートする機会があっても、成長していない元カノを見て「この子は何も変わってないな…」と思われるのです。

さくら
さくら

復縁を失敗したと感じるなら、原因は元彼がこちらを見て魅力的に感じないことです。

失敗を挽回するには、とことん自分を成長させることです。なお自分を成長させる上で欠かせないことを、次のふたつの記事に取り上げています。

≫ 別れの原因の知る主な方法2つを解説【彼氏に振られた本当の理由がわかる】

≫ 復縁の成功率が大きくUPする自分磨きの重要ポイント!【結果にコミット】

友達の立場で親交を深め、恋愛関係に発展させる

元彼と元カノがカフェにいる姿と「元彼が気がるに相談できる友達」などの文字

当然ながら、元彼とは別れた時点で恋人ではありません。ところが、そのことを理解せずに恋人と同じような態度で元彼に接触する方がいます。例えば、LINEなどで次のようなメッセージを送る人がいるのです。

「お久しぶり! ふたりでよく食事したイタリアンの店だけど改装して凄いオシャレになっていたよ。今度の休みに行こうよ」

元彼からすれば「もう別れた関係なのに、なぜ彼女のように接してくるんだ?」と思われ、違和感や嫌悪感を与えます。結果、メッセージを無視されるのです。

別れた元彼と再び接するときは「友達」のスタンスをとりましょう。友達としての親交を深めることで、いずれは恋人関係に発展するからです。

状況におけるふたりの距離感に合わせて、LINEなどのやりとりをする必要です。これを無視したり飛び越えたりすれば失敗します。

失敗したと感じるなら、ふたりの距離感をしっかりと見極めた上でやりとりを改めましょう。

ずっと友達の関係のままである原因

「友達のスタンスで接触しているけど、いつまで経っても恋人関係に発展しないよ」という方もいるでしょう。この場合、先ほどお伝えした「自分を成長させる」ことが不十分なのが原因です。

元彼が元カノとやりとりしても、そこまで魅力的に思えないので恋愛感情は生まれず、友達の域を超えられていません。

どうすれば嫌わられないかを考えない

最後に、失敗に繋がりやすい間違った考え方をお伝えします。 復縁活動中は次のことを考える方は多いです。

「どうすれば好感を持たれるか?」
「どうすれば嫌われないだろうか?」

私も同様のことを考えていました。一見良さそうな考え方に思えますが復縁の阻害要因となります。

復縁に関しては通常の恋愛とは違って、お相手はひとりですので代役がいません。それもありミスを避けようとするばかりに「どうすれば嫌われないだろうか?」といったことに、心を囚われがちになるからです。

嫌われずに好意を持たれることのみ考えている。つまりそれは「自分だけの観点」になっています。もっといえば「自分の都合だけを考えている」状態です。

自分本位の姿勢を改める

何が問題かというと、自分の物差しでしか物事を見られていないことです。結果、身勝手な考えや行動となるし、視野もとても狭くします。

身勝手かつ視野狭窄な状態の自分で彼氏に接触すればどうなるか? 当然ながら、お相手の心は動きませんよね。ですので、

さくら
さくら

「どうすればお相手に楽しんでもらえるのか?」という観点をもちましょう。

私はお相手の観点に沿って、復縁活動を進めたことで自ずと良い流れとなりました。

※ お相手の観点に関しては「復縁を求めるのは元彼にとって迷惑 or 幸せ?違いは2つで決まる【解決】」が参考になります。

復縁が失敗で終わるのも成功させるのも自分次第

木の板に「まとめ」の文字とマジックインク

「復縁における失敗」をテーマに取り上げました。

復縁に向けて行動している以上、多少の失敗は仕方がありません。しかし多少の失敗なら挽回はふつうに可能。失敗からの成功をするためには、やはり復縁成功への適切なステップを踏むことです。

復縁の適切なステップの核は、自分を大きく成長させることですので、その取り組みは徹底しましょう。

それでは最後まで見ていただきましてありがとうございました。さくらがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください