元彼と復縁できる真の冷却期間の過ごし方【成功率200%UP!】を徹底解説

元彼と復縁できる真の冷却期間の過ごし方【成功率200%UP!】を徹底解説

大好きな元彼と復縁を目指す方であれば「冷却期間」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

「冷却期間」という言葉自体から、とりあえず期間を空けるくらいのイメージは湧くでしょう。でも具体的に何が目的で、どれくらいの期間が必要で、その期間中は何をすべきか? がわかる方は少ないと思います。

ここでは適切な冷却期間の過ごし方について取り上げますよ。この記事を読めば、適切な冷却期間が過ごせるので、その後は元彼との距離がグングン縮まります。

冷却期間は復縁を実現させるためには、とても重要なプロセスですので確認は必須ですよ。

復縁するには冷却期間が必要な理由

復縁のための冷却期間とは、言葉通りで「感情」を冷却するための期間です。

さくら
さくら

冷却させるためにはLINEやメール、電話問わず、元彼との接触の一切を断つ期間が必要です。

冷却させる対象は、あなたと元彼の双方がお互いに対してもつ感情です。時間が経つことで、それらの感情は冷静になりますよね。

何のために感情を冷却させる必要があるのかをお伝えする前に、別れた後の元彼の心理について知っておきましょう。

冷却期間中の元彼の心理

ソファで右手をほほにつけ元カノを思い出している元彼と「元カノの存在を感じさせない期間が効果あり」の文字

お相手の方からあなたを振った場合の理由の多くは、交際中に不満やストレスを溜め続け、それが限界を超えたからです。

別れた後の元彼の気持ちは、「やっと自由になれたー、離れられてせいせいした」と思っています。また「当分の間、彼女はいなくていいや」と、恋愛に対して消極的です。

しばらくは一人の自由で気ままな生活を楽しんで、気持ちをスッキリさせようとします。このような元彼の心理を知ってもらったなら、次に何のために冷却期間が必要になるかをお伝えしますね。

元彼のあなたに対する印象を回復させる

感情を冷却させる理由は、大きく分けるとふたつあります。

さくら
さくら

ひとつ目は、元彼の中のあなたに対する悪い印象や嫌悪感を消すためです。

お伝えした通り、お相手はあなたに不満があり、交際していてもストレスになったからこそ別れを告げたのです。ですので、別れてしばらく間は、元彼のあなたに対する印象は悪い以外ほかありません。

つまり元彼の心境は冷めきっていて、あなたを遮断しています。そんなお相手に対して、いくら復縁を迫っても次のような思いをさせるだけです。

  • うっとしい
  • 怖い
  • 重い

このように別れて時間が経たない元彼に対して、あなたがアプローチしてもマイナスにしかなりません。そこで冷却期間を置くことで、元彼のあなたに対する嫌悪感を下げられます

嫌悪感を下げることができる理由

もともと人間は、嫌な記憶は忘れるようにできていて、男性は特にその傾向が強い生き物なのです。時間の経過と共に、元彼のあなたに対する嫌悪感が徐々にとり除かれるため、そのうち感情はフラットになります。

あなたに対する感情が悪いままでは何をしてもダメなので、まずは元彼にこの状態になってもらわないと話になりません。だからこそ冷却期間を置くことが必要なのです。

ちなみに、女性は嫌な思い出はいつまでも心のどこかで、燻っている傾向があり、男性よりは難しいところがあります。冷却期間を置く恩恵は、男性より女性の方がより大きいです。

あなたの元彼に対する依存度を下げる

暗い部屋で膝を抱えて悲しんでいる女性と「元彼への依存度が高い元カノは思い、うっとしい」の文字

元彼に別れを告げられたあなたは、次のような心境になったと思います。

  • パニックになった
  • どうしようもなく不安になった
  • 深く悲しんだ
  • この先、彼なしで生きていけるか心配
  • この上なく感情的となった

これらの心境になった度合いが強いほど、あなたは元彼に対する依存度は高いです。頭のなかで、元彼のことばかりを考え支配されている状態である、あなた自身も戸惑っているでしょう。

しかし依存度が高い状態で感情をぶつけられる元彼は、あなた以上に困惑し、それと同時にうっとしさや恐怖、重さを感じます。

彼に対する感情にお休みを与える

嫌な思いをお相手にさせないためには、元彼に依存し過ぎているあなたをリセットしなければなりません。

さくら
さくら

恋愛は「対等な関係」に持ち込まないと成立しないからです。

したがって復縁をするには、元彼への依存を脱却させ、お相手に依存性が見えない状態にならなればなりません。その状態にするためにも、感情にお休みを与える冷却期間を置く必要があります。

※「対等な関係」になる必要性の詳細は「元彼と上下関係になると復縁は失敗する理由【対等な関係になる方法】」で取り上げています。

冷却期間を無視して元彼に接し続ける

冷却期間を無視して欲望のまま、元彼に連絡し続けると当然ながら元彼の気持ちはさらに冷めます。

冷めるというのは優しい表現でハッキリ言えば、あなたのことを完全に嫌いになります。

元彼
元彼

本当にウザイし、しつこい、コイツは自分のことばかりで、俺の気持ちなんてすべて無視かよ!

このように思われ、あなたは元彼から着信拒否され、LINEはブロックされ、完全に連絡が取れない状態にされます。このような深刻な事態になれば、復縁の難易度は一気に高くなるのでご注意下さい。

お相手に連絡し続けた私の事例

私も彼氏に振られた当時は、どうしようもないくらいパニックなり、感情的になりました。その気持ちまま、別れを思い止まるように懇願を続けた痛い女なんです。

別れをすがっていたときの私は、彼氏曰く「ウザいよりも怖すぎた」らしい…最終的に彼氏はそんな私に対して次の思いっきり突き放しました。

「今後一切連絡などはしてくるな、してくるなら着信拒否するから」

私は悲しみのどん底へ到着したのです。あなたには私のような無用な悲劇を受けてほしくはありません。

「元彼のあなたに対する嫌悪感を取り除く」
「元彼に対する依存度を下げる」

お互いの感情がフラットに状態になるための冷却期間をしっかり置きましょう。

冷却期間の効果【冷却期間後の元彼の心理】

男性が立った状態で右手を顎につけて思いつめている

適切に冷却期間を置くことができたのなら、元彼の心境は基本的に次のような段階を踏みます。

元彼の心境の移り変わり

【段階1】
時間が経過するにつれ、冷静さを取り戻し、元彼のなかにあった元カノに対しての負の感情が徐々に薄れていく。

【段階2】
負の感情が取り除かれると、嫌な思い出が消えて、元カノとの楽しかった思い出だけが残り、元カノの存在が美化される。

【段階3】
もう元カノは自分の元にいなくなってしまった、という喪失感が出る。

もちろん個人差はありますが、最終的には喪失感をもたらすことも可能です。

元彼に嫌悪感を持たれたままアプローチをかけるか、または喪失感を感じてもらった状態でアプローチをかけるか。どちらが良いかは明白ですね。

私の彼氏の心境の変化(実例)

私も彼氏から強く突き放されて振られた後は冷却期間を置きました。そのときの彼氏の心境の変化を聞いてみました。

当初の彼氏は、本気で私のことを本当に嫌いになり、絶対に二度と会わないと思ったほど存在がきつかったらしいです(泣)。

私からの連絡が嬉しかった
しかし私が彼氏から存在を消してからは、彼氏は少しずつ冷静になってきて、最終的には私への負の感情は消えていました。
 
それどころか「あのときは本当に無理だと思った。でもそれからしばらく経ってからは、なぜあれほどまでにさくらを冷たく突き放したのか?」
 
このような後ろめたい気持ちになったし、またはさくらが俺のことを憎んでいるのでは?とも思っていた。だからさくらから連絡がきたときは安心したし、嬉しかったとのことです。

また着信拒否宣言をされた後も、私が連絡をし続けたなら、どうしていたかを質問しました。答えは、携帯番号を変えるなどして連絡手段のすべてを絶っていたとのこと…。

もしあのとき、私が連絡を取り続けていたなら、私と彼氏の復縁はあり得ませんでした。

冷却期間の目安は状況により変わる

ホワイトボードに「Point!」の文字を指し棒で指している

どれくらい冷却期間を置くかについては、ケースバイケースで一概にはいえませんが、大きく分けると次の4つの期間となります。

これらの違いは、主に別れた状況が「良いor悪い」で変わります。個別に内容を見てみましょう。

冷却期間が必要ない場合

復縁のすべての局面で冷却期間が必要ではなく、逆に置かない方が適切なときもあります。それは「ちょっとしたケンカが発端となって、感情任まかせで別れた」場合です。

さくら
さくら

一時の感情任せで別れた場合は、期間を置かなくてもしっかりと謝罪すれば、簡単に復縁できます。

また別れた後も、元彼の方からLINEなどで連絡がきたり、会っている場合は特に冷却期間は要りません。

しかしあなたはが元彼に対して、強く依存していると感じるなどの不安があるのなら、冷却期間を置きましょう。

必要となる冷却期間が1ヶ月程度

1ヶ月程度で大丈夫なケースとは、別れ際が次のような状況だった場合です。

  • 別れを素直に受け止めた
  • 別れの原因を聞かなかった
  • 彼に対して特に責めなかった
  • 泣いても軽く涙が出た程度だった

これらのような円満でキレイな別れ方だと、元彼のあなたに対しての、別れ時の嫌悪感は少ないでしょう。それどころか、あまりにキレイな別れ方すぎて、お相手があなたと別れたことに軽い喪失感をもちます。

別れが円満でキレイな状況であれば、1ヶ月程度の冷却期間で大丈夫です。ただし自分の感情が不安定で上手くコントロールできるかが不安な方は、もう少し期間を空けた方がいいですね。

必要となる冷却期間が3ヶ月以上

3カ月以上の期間を必要とするケースとは、別れの際が次のような状況だった場合です。

  • 別れたい理由を問い詰めた
  • 別れを拒否した
  • 別れを告げられ大泣きした
  • 別れを告げた彼を責めた

別れを告げられた女性の多くは、これらの言動をしてしまいがちです。実際に私もそうでした。

別れ際に揉めたことで、元彼はあなたに対してさらなる拒否感や悪いイメージを抱きます。ですので、3ヶ月以上の冷却期間が必要なのです。

必要となる冷却期間が半年以上

別れ際が非常に悪かったのなら、必要となる冷却期間は半年以上となります。半年以上の期間を必要とするケースとは、次のような状況だった場合です。

  • 感情的になり彼氏をひっぱたく
  • 別れたくないとすがり続けた
  • 「別れるぐらいなら死ぬ」等と脅した
  • 別れたお相手にストーカー行為をした

これらのように別れ際などが大いに揉めた場合は、元彼のあなたに対しての嫌悪感や不信感はかなり強いものです。

元彼のあなたに対しての嫌悪感や悪い印象はそう簡単には消えないため、半年以上の冷却期間を空ける必要があります。

冷却期間に入る前に謝罪と感謝の気持ちを伝える

謝罪と感謝の内容が書かれた2つの吹き出し

お相手に嫌われて振られてしまった場合、お相手は多かれ少なかれ、あなたに対し嫌悪感や不信感をもつことはお伝えしたとおりです。

特に別れ際がひどかった場合は、冷却期間を長く置いても嫌悪感などがなかなか払拭できないことも。よって少しでも悪い感情が回復しやすいように、冷却期間に入る前に「謝罪」「感謝」をLINEなどで伝えましょう。

謝罪は、別れ際にお相手を困らせたことや、交際中のワガママなどに対するもの。感謝は、これまでの交際に対して”ありがとう”の気持ちを伝えるのです。

さくら
さくら

謝罪と感謝を伝えることで、あなたの悪い印象を浄化し易くなります。

謝罪と感謝を伝えるタイミング

謝罪と感謝を伝えるタイミングは、別れから半月経った頃がベストでしょう。

別れの直後はあなたへの怒りのピークが頂点に達しているので、素直に受け取ってもらえません。1ヶ月以上経つと「今さら何?」という思われがちです。

謝罪と感謝のメッセージを送れる期間は限られますが、タイミングが合うなら必ず伝えましょう。

冷却期間中に連絡してしまった…

スマホを誤操作して焦っている女性

元彼に接触できない冷却期間、特に最初の方は精神的に辛い思いをします。今まで感じたことがないほどの寂しさや、お相手がいないことの不安などから我慢しきれずにLINEを送ってしまうことも。

気持ちは痛いほどわかりますが、お伝えしたとおり、冷却期間は元彼にあなたの存在を感じさせないようにする期間です。

間接的なLINEとはいえ元彼にLINEした時点で、これまで接触を控えていた日数がリセットされ、スタート地点に振り戻しになります。

冷却期間を置くと忘れられる?

「何ヶ月も元彼に接触しないでいると、元彼は私を忘れてしまう…」という不安や焦りから連絡してしまう方がいます。果たしてそうなのでしょうか?

結論からお伝えすると、元彼は元カノのことを忘れませんよ。人間は、些細な出来事に関してはもちろん忘れることはありますが、人間関係については、そう簡単に忘れることはないです。

さくら
さくら

たとえ1ヶ月間であっても、人生そう何人もいない交際相手のことを忘れようがありません。

もし元彼が元カノを忘れることがあるとすれば、それは記憶喪失や記憶障害になったときだけです。ですので冷却期間を置くと元彼に忘れられる、という心配は無用ですよ。

冷却期間中に元彼から連絡がきた場合

スマホの画面を見て嬉しそうな女性

冷却期間中に元彼から連絡がくる場合もあります。その場合、元彼に返信しても大丈夫なのか、と非常に迷いますよね。

基本的には元彼からきた連絡には返信をしましょう。

返信しないと誤解を招く

もしかすると、元彼は元カノに未練があって連絡しているかもしれません。返信をしないとなると、「元カノが別の良い人を見つけたから返信がこない…」のだと勘違いされます。

単に用事があって連絡してくる可能性も当然あります。この場合も返信をしないでいると、元彼は「別れたから無視されている? 性格が悪い奴だな」などと思われます。

返信が不要な場合

返信をしない方が無難な場合もあります。それは元彼がエッチ目的の連絡だとわかる場合です。

そのままズルズル連絡を取り合うと、元彼の性欲を満たすだけの関係、つまりセフレ化となる可能性があります。返信しない方がいいでしょう。

返信する際のポイント

元彼に返信する際は次のポイントを押さえましょう。

  • 軽く
  • 明るく
  • 短く
  • 時間を置い

これらに反することで、返信をすぐに返したり、長文を送ったりしてはいけません。

あなたが元彼に対して未練が残っていることがバレバレだからです。

元彼のテンションに合わすことが基本です。

※ 復縁に未練を見えるのがNGである理由の詳細は「復縁するには元彼に未練が見えてはいけない6つの理由と消す方法【解決法】」で取り上げています。

冷却期間は解除すべき?

お伝えした通り、冷却期間中でも元彼からの連絡には、きちんと返信するのが基本です。ここで気になるのは「冷却期間は解除してもいいのか?」だと思います。

さくら
さくら

元彼からの連絡を機にやりとりが続くなら、冷却期間は解除してもOKです。

じっくりと急がずに元彼との関係性を再構築することです。

残念ながら途中でやりとりが続かなくなったら、原則的には途切れた時点から再び冷却期間をやり直しましょう。

※ 元彼から連絡がきた場合の対処法等の詳細は「元カレから連絡してくる6つの心理【復縁に繋げるための3つのポイント】」で取り上げています。

新たな一面を身につける

身体をケアする女性の姿と「自分磨きで魅力的な女性になり」などの文字

冷却期間に入れば、ただその時を過ぎ去ること待っていても、それだけで復縁できるほど甘いものではありません。

元彼はあなたに対する不満が積み重なった結果、お別れとなったんですよね。ですので、別れを告げられたときと同じあなたでは、たとえ冷却期間を置いたとしても、お相手には振り向いてもらえません。

振り向いてもらうには、あなたの外見面と内面ともに磨き、元彼が知らない一面を作るための「自分磨き」に徹底的に励みましょう。

自分磨きに励むことで、元彼が知らないあなたの新しい一面を作り出せます。その新しい一面は、元彼の興味を持ってもらえる要素となります。

さくら
さくら

元彼が知らないあなたの一面が増えるほど、元彼に再びあなたへ惹き付ける武器となるのです。

自分磨きの一例

自分磨きの例は次のとおりです。

  • ダイエット
  • 自分にあったメイクを覚える
  • ファッションの勉強
  • 資格の取得
  • 読書などで知識を得る
  • コミュニケーション術を学ぶ
  • スポーツ…など

自分の興味があるものを選ぶのが、長続きさせるコツですよ。

なお自分磨きの成果を出すには習慣化が欠かせません。習慣化させる方法については「【自分磨きのモチベが続かない人へ】やる気が常に保て抜群に効果を出す方法」で取り上げています。

元彼に対する依存を下げてくる

繰り返しますが、冷却期間を置くことにより、あなたの元彼に対しての依存性を減らせます。

しかし単に時が過ぎるのを待つだけなら、その間元彼のことを考える時間も多くなるため、依存性は大して減らせません。

元彼への依存性を大きく減らすためには、自分磨きすることが徹底することが一番です。

さくら
さくら

自分磨きに没頭すれば、元彼のことを考えない時間が増える結果、それだけ元彼に対する依存性も減るからです。

元彼に対する依存が減る、自分も新しい魅力を身に着けられるので、まさに一石二鳥といえます。

自分磨きは復縁成功のための大切な要素を2つ備えているため、徹底して取り組みましょう。

※ 自分磨きの詳細は「復縁の可能性を飛躍的に上げる方法は自分磨きを徹底することです」で取り上げています。

別れとなった原因を突き止め改善する

IMPORTANTOと1スペルずつ画鋲止めされた写真と「元彼にもう二度と嫌な思いをさせない自分を作る」の文字

冷却期間中は自分磨きをすると共に、元彼はあなたの何に不満をもち別れを決断したのかを自分自身に問いかけましょう。

元彼が不満に思っているところは、あなた側にある問題点ですから、そこを改善させずに復縁するのは難しいです。

冷却期間後にあなたと元彼のやりとりを再開した際、あなた側にある問題がそのままであれば、元彼は次のように感じます。

元彼
元彼

この子はあいかわらず、俺が嫌だと思っているところが直ってないな…やっぱり復縁は考えられないな。

仮にあなたが自分磨きで新しい魅力を身につけ、それに元彼が惹かれて復縁したとしても、その効果は限定的です。新しい魅力は触れ続けるといずれ慣れるからです。

あなたの新しい魅力になれると、元彼はあなたに対して不満に思っているところに、再び目が付くようになります。最終的にはやっぱり合わないとなり、また別れを告げるのです。

せっかく復縁できたのに、また別れることほど辛い結末はありません。

自分にしっかり向き合えれば見つかる

復縁を成功させ、その後もお相手とずっと一緒にいたいなら、次のことをしっかりと改善しましょう。

別れの原因の全容を突き止めそれを深く反省し、二度と同じ過ちを繰り返さない。

元彼が私に対して不満に思っていたところの全容を見つけ、それを改善させるなんて難しそう…

別れの原因の改善に対して不安を持つかもしれませんが大丈夫です。確かに簡単ではありませんが、自分としっかりと向き合って問い続ければ必ずできますよ。私でもできたのですから。

※ 別れた原因の突き止め方などの詳細は「別れの原因の知る主な方法2つを解説【彼氏に振られた本当の理由がわかる】」で取り上げています。

冷却期間が成功する人、失敗する人の違い

見開きの真っ白なノートの上に「成功」と印字された黄色の付箋と「失敗」と印字された青色の付箋と赤鉛筆とボールペン

冷却期間中は「自分磨き」と「別れの原因の追究と改善」の徹底が必要だとお伝えしました。この2つのことができていないのなら、それは単なる時間の浪費にしかすぎず、冷却期間は失敗といわざるを得ません。

冷却期間を置けば、元彼のあなたに対する負の感情は確かに薄まりますが、あなた自身は振られたときと同じあなたです。

さくら
さくら

交際時よりまったく成長していない、変わっていない、そんなあなたに元彼が興味を持つことはありません。

たとえ冷却期間を3年置いても、やるべきことをやっていないのなら、それには意味がありません。

復縁を焦る方ほど、うわべだけの冷却期間を過ごして、すぐに元彼へ連絡する傾向が強いです。そんな方が待っている未来は次のとおりです。

自分磨きができていないため、元彼を惹きつける魅力がなく、いつまで経っても興味をもたれない。

別れの原因をわかっていないので、自分の問題はそのままだし、正しいアプローチもできないので、NGな行動ばかりをする。結果、まったく相手にされない。

自分を成長させないと、いつまで経っても元彼との距離は縮まりません

※ 復縁と焦りに関する詳細は「復縁を焦ってうまくいかない人へのアドバイス|焦る原因とは?【解消法】」で取り上げています。

復縁成功者の冷却期間とは?

自信がある女性の笑顔

復縁を成功に導いている方ほど、冷却期間の本質は「徹底的に自己成長させる期間」であると捉えています。

もっといえば、新たな魅力を身につけ、自分の問題をしっかりと改善させたときが、冷却期間の終了としているのです。

真の冷却期間を過ごせた方は自信に溢れています。やはりそれだけ成長できたという証であり、その成長は間違いなく元彼の目に止まるでしょう。

興味をもった元彼は元カノを追うようになるので、復縁の可能性は大きく高まりますし、早期の復縁実現にもつながります。復縁したいのなら、真の冷却期間を過ごすことです。

冷却期間後は友達の立場で接しよう

建物のなかで女性がスマホを笑顔で操作している

だからといって、冷却期間経過後、すぐに元彼に会いに行ったり、電話したりするのは基本的にNGです。

元カノがいきなり自分の前に現れたり、電話をされたりするのは、元彼にとってはインパクトが強すぎるからです。

元彼
元彼

なぜ別れた元カノがいきなり電話してくるの? もしかして復縁が目的なのでは?

このような感じで元彼の警戒心はMAXになるのでやめましょう。警戒心を持たれると、ふたりの距離は縮まりにくくなります。

まずはLINEやメールで距離を縮める

冷却期間後の元彼に対してのアプローチの方法で、もっとも適しているのはメールを送ることです。

LINEはブロックされやすいなどのリスクがあるため、最初の連絡手段としてはメールを推奨しています。とはいえ、最近はお相手のメールアドレスを知らないという方も多いので、その場合はLINEでOKです。

適切なメッセージとは

元彼に送るメッセージ内容にも十分に注意が必要です。

あなた元彼はもう恋人ではないため、友達の立場で連絡してください。大事なのは、元彼に対して未練はもう一切ない風に装うことです。

あなたの未練を感じ取られると、お相手は警戒します。長文のメッセージは未練があると思われがちなのでNGです。

さくら
さくら

送る文面は明るく短めにしましょう。これだと元彼も返信がし易いです。

LINEやメールを送る目的は「元彼から返信をもらうためにある」、ということをしっかりと意識してくださいね。

※ 友達の立場をとる理由の詳細は「元彼と復縁するための友達からという選択【恋人関係への確かな再構築法】」で取り上げています。

※ 冷却期間後の元彼への連絡に関する詳細は「冷却期間後の元彼への連絡【高確率で返信がくるメッセージ例を掲載】」で取り上げています。

【まとめ】元彼と復縁したいなら真の冷却期間を過ごそう

木の板に「まとめ」の文字とマジックインク

復縁の「冷却期間」について取り上げました。

冷却期間は、単に時間が過ぎるのを待っているだけでは、復縁は失敗に終わります。あなたがどう過ごすかで元彼と復縁できるか否か、が大きく分かれます。

ここでお伝えしたことを参考にして、真の冷却期間を過ごせれば、復縁はすぐそばですよ。

それでは長くなりましたが、最後まで見ていただきありがとうございました。さくらがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから)

関連記事

復縁するための正しい努力について取り上げています

≫ 復縁成功者がした努力はコレ!正しく頑張ることで早期の復縁を実現させる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください