元彼に嫌われた人でも半年で復縁できる方法【成功させる2大要素とは】

元彼に嫌われた人でも半年で復縁できる方法【成功させる2大要素とは】
  • 元彼に嫌われて本当に辛い…
  • 元彼に嫌われた理由がわからない。
  • 嫌われたら復縁なんて望めない?

「元彼から嫌われたけど仲直りして復縁したい!」なら自分の考えだけで動いてはいけません。失敗しさらに嫌われる可能性が高いからです。

ここでは元彼に嫌われた状態からの復縁をテーマとして、私の経験談も交えて取り上げます。この記事を読めば、元彼に嫌われた理由や嫌われても復縁できる理由、復縁するためのポイントなどがわかります。

実際に私も彼氏から絶望的に嫌われて振られましたが、ここでお伝えしている内容を実践したところ約半年で復縁できました。諦める必要はまったくありませんよ。

元彼から嫌われている4つのサイン

「元カノが嫌い」という文字と指で×を作っている

「元彼に嫌われている状態かよくわからない…」という方もいるでしょう。最初に元彼に嫌われているサインをお伝えします。主には次のとおりです。

これらの状況にあるのなら、元彼から嫌われている可能性がに高いでしょう。個別に内容をお伝えします。

強い言葉で突き放されたまま

交際していたお相手から、次のような強い言葉で突き放された方もいるでしょう。

彼氏
彼氏

「もう二度と会いたくも関わりたくもない!」 「これ以上、連絡を絶対にしてくるな!」

別れのときやその直後はもっとも感情的になるため、強い言葉で突き放される場合があります。しかし、その後もずっとフォローすらないのなら元彼に嫌われた可能性が高いです。

別れを選んだといっても一度は好きになった女性。時が経って冷静になれば、本来は言い過ぎたと反省し謝るなどのフォローをするところ、何もないなら嫌われた証拠といえます。

ブロックや着信拒否をされている

元彼からLINEをブロックされている、着信拒否をされているのなら明らかに嫌われています。ブロックなどの強制遮断する行為は「元カノと関わりたくない」という現れだからです。

同様に、元彼からLINEなどの返信はくるが前と比べて明らかに遅い。または無視をされることが多いのなら、嫌われている可能性が高いといえます。

※ 着信拒否されている状態からの復縁法は「着信拒否からの復縁の詳細は「元彼に着信拒否された人でも半年で連絡が再開できる7つのポイント【解決】」で取り上げています。

元彼の対応や反応が急に冷たくなった

元彼とは別れたあとも普通にやりとりができる状態だったが、途中から対応が冷たくなった場合は、嫌われた可能性が高いでしょう。

別れてしばらくは普通に接しられたのに、元彼の対応が急に冷たくなったのは元カノに何らかの不満を感じたからです。

元カノに不満を持った原因は「元彼に嫌われた原因」の欄で詳しく取り上げますが、元彼との接し方に問題があった可能性が大です。

自分がいる場には絶対にこない

共通する友人の集まりがあり、自分がその集まりに参加するときに限り、元彼は欠席する場合は嫌われている可能性があります。元彼が元カノと会いたくない、顔を見たくないと考えられるからです。

元カノが嫌いというより、集まりの場で元カノとどう接すればいいかわからず気まずいから、不参加にしている可能性もあります。

元彼に嫌われた主な5つの原因

元カノからの入電を無視して、手で要らないというポーズをする男性のイラスト

ここでは元彼に嫌われた主な原因を取り上げます。原因がわからなければ対処のしようがないため、しっかりと確認をしましょう。

元彼に嫌われた主な原因は次の5つです。

個別に内容をお伝えする前に、以下のことを押さえてください。

元彼が別れを決意した理由と、あなたが嫌われた理由は必ずしも一致はしません。

さくら
さくら

別れは大きなことから小さなことなど、様々な要因が積み重なった結果だからです。

元彼に嫌われた理由が、別れた原因の一部である可能性は当然ありますが、それが全てではありません。つまり元彼に嫌われたという原因だけを見直すだけではダメなのです。

別れの原因は別れの原因でしっかり全容を追究し、改善する必要があることを押さえておきましょう。

別れを拒否し続けた(すぐ復縁を求めた)

彼女が彼氏の前で両手を合わせてお願いしている姿と「別れを拒み続けるほど彼氏に嫌われる」の文字

彼氏が別れを告げた後も次のようにずっと別れを拒否し続けた。

「別れを考え直してほしい」

「あなたを失いたくない。別れるなんて無理」

「私の悪い部分はすべて直すから別れないで」

考えが変わることは一切ないと彼氏が伝えても、このように別れを拒否し続ける彼女。

まったく聞き分けがない彼女に対して、強い拒否感や嫌悪感を抱く彼氏。その結果、彼氏は彼女に強い口調で突き放す、着信拒否するなどの対応をとるのです。

さくら
さくら

男性が別れを決意した以上、どれだけ縋っても考えが変わることは基本ありません。

彼女が別れを受け入れても、すぐに復縁を求める場合も同様です。元彼は自分の気持ちばかりを押し付けてくる元カノにいら立ちを覚え強制遮断をするでしょう。

別れた後も彼女みたいに接した

お別れした後も元彼と連絡が取れる場合において、間違った接し方をして元彼に嫌われることがあります。元彼が優しい、または元カノからの連絡を避けないタイプであることに甘えて、次のような接し方をするのです。

ケジメをつけない元カノに…
冗談ぽっく「やり直さない?」などと交際中と同じように彼女みたいな気分で接し、未練を見せ続けてしまう。結果、別れて二人の関係が変わっているのを、いつまでも理解しない元カノに対して嫌気が差したのです。

別れをきちんと受け止めない元カノの態度が、元彼を怒らせた原因となります。

※ 未練を見せるのがNGである理由の詳細は「復縁するには元彼に未練が見えてはいけない6つの理由と消す方法【解決法】

好き勝手な考えや言動をした

不機嫌な表情をする女性と「ワガママな彼女にウンザリ」の文字

好き勝手な考え方や言動にて、お相手を不快にさせたり振りまわしたりすることが度々あった。彼女の気まますぎる態度に、お相手は我慢の限界を超えてしまい、愛想をつかして別れを告げるケースは多くあります。

我慢を強いられた元彼の元カノに対する嫌悪感は相当に強いです。

お相手を束縛しすぎた

交際中、LINEや電話などでお相手に連絡を常にしたり、スケジュールを尋問のように聞いたりしませんでしたか?

女性は彼氏といつも繋がっていたいと思う傾向が強いですが、度がすぎると元彼はウンザリします。

時には内緒で携帯のロックを解除してチェックしたり、ちょっとしたことで浮気を疑ったり、嫉妬心をぶつけてくる。このように束縛し過ぎたことで、お相手は強い嫌悪感と恐怖感を覚え、突き離したのです。

さくら
さくら

男性は自由が欲しい傾向が強いですので、度の過ぎた束縛をすれば嫌われるのも当然といえます。

裏切り行為があった

男女がキスしているシルエットと「浮気、他の男性と二人だけで会う」などの文字

お相手に嫌われた原因として、交際中に彼氏を裏切る行為をしたためであることも多いです。

例えば、「彼氏以外の男性とは二人きりで会わない」という約束をしていたのに約束を破ってしまう、などです。お相手とすればまさに裏切り行為と捉えるでしょう。

さくら
さくら

深く傷つけられプライドも失ったお相手が、元カノを嫌うのも仕方ありません。

私が彼氏に嫌われた理由

涙を流している女性と「自分の気持ちを彼氏へ一方的に押し付けて嫌われた」の文字

私が当時、彼氏に振られたのは様々なことが原因にありましたが、別れを加速させたのが次の行為です。

彼氏が仕事で多忙を極めた時期がありました。私は彼氏に会えない、会話ができない、触れられない辛さから、構ってほしいアピールをし過ぎていたのです。

本来なら、彼氏の仕事が落ち着くまで、彼氏が何かを求めない限り、そっと見守るべきでした。

自分のことしか考えていなかった

ところが私は「どんなに忙しくても連絡1つくらいできるじゃん!? それが恋人でしょう」などの暴言を吐いていました。

挙句、彼氏から「しばらく距離を置きたい」と言われたときでさえ、待ち伏せし無理やり彼氏に会おうとしたのです。

自分のことしか考えていない行為が彼氏に嫌われ、別れを加速させました。うーん、私しょっぱすぎますね。

元彼に嫌われても復縁は十分に可能です

海辺でデートするカップルと「適切な復縁の段階を踏めば」などの文字

「元彼に嫌われてしまった以上、復縁は難しいだろうな…」とネガティブな考えになるのも無理ありません。

実際に私も、彼氏に嫌われて振られたときは絶望感で一杯でした。

何せ私が別れを告げられた後の行動もひどかったので、彼氏から「着信拒否宣言」を受けるくらい拒絶され嫌われたのですから。

でも私は復縁できました。それに私以上に嫌われたケースでも復縁している方は多くいます。つまり、ひどく元彼に嫌われたとしても、適切な段階をふめば復縁は十分に可能です。

怒りや嫌悪感はずっとは続かない
確かに、元彼が元カノを嫌いになってしばらく経たない間は、元カノに対する怒りや嫌悪感は大きいかもしれません。本音で「顔を見たくないし、一切関わりたくない!」と思われている可能性も否めないでしょう。
 
でもその怒りや嫌悪感は、しっかりとした対処をすれば鎮まるため、いつまでも持続することはなく一時の感情で終わります。

謝罪と感謝を伝えてから冷却期間を置く

元彼の元カノに対する怒りや嫌悪感を鎮める対処法としては、まずは元彼に「謝罪と感謝」をLINEなどで伝えることです。自分の言動で元彼に嫌な思いをさせたのですから謝罪するのは当然といえます。

謝罪する理由は、元彼の元カノに対する最後の印象を少しでも良くするためです。

さくら
さくら

謝罪と共に今までの交際に感謝の言葉を添えれば怒りをより鎮めることが期待できます。

元彼の元カノへの怒りや嫌悪感が消える理由

ビルの壁にもたれている男性と「時間が元彼の元カノに対する嫌悪感を消してくれる」の文字

元彼に謝罪と感謝を伝えた後は、元彼との接触の一切を絶つ期間を置きましょう。こちらが元彼の前からしばらく気配を消すことで、元彼も冷静になるため仲直りできる状態に戻せます。

接触の一切を絶つ効果
人間は嫌な記憶を自らは思い出そうとしないし、忘れようとする性質があります。ですので、元彼との接触の一切を絶つ期間を置くことで、怒りは静まり、元カノを嫌いという感情も消えていくのです。

元彼の負の感情を消すための、この期間を復縁の世界では「冷却期間」といいます。冷却期間の目安は「3ヶ月間」です。ただし交際中や別れのときの状況により必要となる冷却期間は変わるので一概にはいえません。

冷却期間を無視すると

元彼に嫌われて間も経たないうちに、LINEなどで元彼に連絡するとどうなるでしょうか?

元彼は元カノからの連絡があったことで嫌な記憶が蘇り、少しずつ鎮まりつつあった負の感情が再びこみ上げます。結果、さらに元カノが嫌いになるため、復縁の可能性が下がることには間違いありません。

さくら
さくら

嫌われた以上、無理やり元彼へ近づいても、火に油を注ぐようなものです。冷却期間は必ずおきましょう。

※ 冷却期間の詳細は「元彼と復縁できる真の冷却期間の過ごし方【成功率200%UP!】を徹底解説」で取り上げています。

冷却期間後における私の彼氏の心境の変化

Before After の吹き出しと「大嫌い」「ホッとした」などの文字

私も復縁活動中だったときは、当然ながら冷却期間を置きました。復縁後、彼氏にそのときの心境の変化を聞いてみました。

彼氏が私に着信拒否宣言したときは、心の底から私をウザイと思い「もう二度と会いたくない」と思うほど嫌ったそうです。(涙)

連絡が嬉しいと感じるくらい回復
でも私が彼氏への接触の一切を絶ってからは、その気持ちは徐々に鎮まり、最終的には私への拒否感や嫌悪感はなかったとのこと。

むしろ「別れの前後は本当にきつかったし無理だと思ったが、あそこまでさくらを突き放し、傷つける必要はあったのだろうか?」

強く突き放した罪悪感も少しあったし、逆にさくらが俺のことを恨んでいるのでは?と思った。だから冷却期間後にさくらからメールが来たときは、ホッとしたし、連絡がきたのが素直に嬉しかったそうです。

冷却期間を置かなければ終わっていた

続いて彼氏に、私が冷却期間をおかずに連絡をしつこく入れ続けたなら、どうしていたか? も聞いてみました。

彼氏の答えは、間違いなくさらに嫌いになると同時に、その執拗さが恐怖にも感じたと思う。もちろん着信拒否はしただろうし、SNSもすべてブロックして、携帯番号も変えていたとのこと。

さくら
さくら

もし私が冷却期間を置いていなかったなら、早期の復縁は100%叶わなかったでしょう。

復縁成功者が取り組む冷却期間とは

人差し指と「自分を大きく成長させ魅力的な女性に変わる期間」の文字

成功者のなかには、冷却期間を置いただけで復縁した方も少数ながらいます。それだけ冷却期間は、復縁を成功させる要素としては重要なのです。

とはいえ、あくまで少数。基本的には冷却期間を置くだけで復縁できるほど甘いものではありません。

負の感情が払しょくされただけ
確かに、冷却期間を置くことで元彼の怒りは鎮まり、嫌いという感情は払しょくされます。その結果、仲直りはできますが、元彼に復縁したい気持ちは起こりません。別れた当時と同じ元カノだから。
 
ましてや一度別れた彼女と再び交際するのは、普通にハードルが高いこと。元彼とすれば、「元カノと復縁してもまた失敗するのでは?」など不安に思うからです。

元彼が復縁することのハードルを越えさせるには、こちらが元彼の不安などを吹き飛ばすほどの強い魅力を備える必要があります。元彼を強く惹きつける魅力を備えるためには、自己成長させることは必須です。

復縁成功に欠かせない2大要素

復縁成功には欠かせない自己成長を具体的にいえば、「自分磨き」「別れた原因の改善」を徹底することです。

「自分磨き」とは、言葉のイメージ通り、自分という人間の魅力を上げること。「別れた原因の改善」とは、簡潔にいえば、自分側にある問題を解決させることです。

「自分磨き」と「別れた原因の改善」を徹底できれば、自分を大きく成長させられ、魅力的な女性へと変われます。それが元彼を再びこちらに強く惹きつける元となります。

冷却期間中は、単に元彼との接触を避けるだけでは不十分です。

さくら
さくら

自分磨きや別れた原因の改善を徹底し、振られたときの自分を魅力的な女性に変われてこそ真の冷却期間といえます。

復縁成功者の多くは、冷却期間中に自分を大きく成長させることができています。元彼と復縁したいのなら、あなたも真の冷却期間を過ごしましょうね! 自分磨きと別れた原因の改善の詳細をここでお伝えすると、かなり長くなるため、以下のリンクの記事で確認ください。

≫ 別れの原因の知る主な方法2つを解説【彼氏に振られた本当の理由がわかる】

≫ 復縁の成功率が大きくUPする自分磨きの重要ポイント!【結果にコミット】

【まとめ】元彼に嫌われたときの自分を変えよう

木の板に「まとめ」の文字とマジックインク

元彼に嫌われた状態からの復縁をテーマとして取り上げました。

元彼に嫌われたのなら、元彼の元カノに対する負の感情をリセットさせるための「冷却期間」を置くことから始めましょう。

元彼に負の感情を強く持たれている限りは、どんな手段を用いてアプローチをかけても逆効果となり、さらに嫌われるだけです。

冷却期間中は、単にその期間を過ぎるのを待っているだけなら意味はありません。自分をどれだけ成長できるかで、復縁の運命は変わります。

冷却期間中は「自分磨き」と「別れた原因の改善」を徹底させる真の冷却期間を過ごしましょう。

それでは最後まで見ていただきありがとうございました。さくらがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください