【元彼に連絡したい】連絡に関する8つのポイント押さえて最短で復縁する!

【元彼に連絡したい】連絡に関する8つのポイント押さえて最短で復縁する!
  • 元彼に連絡したい衝動が抑えられない
  • どんなタイミングで連絡すればいい?
  • どのように連絡していいかわからない
  • 元カノから連絡がきたら迷惑かな…

元彼のことがまだ大好きで復縁したいなら、当然ながら連絡したいと思うでしょう。しかし何の準備もせずに連絡すれば失敗に終わります。元彼と復縁したいなら、連絡をするまでに適切な段階を踏むことが必要です。

ここでは復縁成功に繋げるための、元彼に対する連絡のポイントを取り上げます。この記事を読めば、元彼に対して適切な連絡ができるので、復縁できる可能性が大きく高まりますよ。

本当に元彼へ連絡すべき?【問題ある人物はNG】

手で遮る女性の姿と「元彼のことを見極めよう」の文字

元彼へ連絡したいと考えている方にまず確認してほしいのが、そもそも元彼との復縁を目指すべきなのか?ということです。特にお相手が原因で別れた方は、このことをよく考えてください。

元彼と復縁したいというのは、裏を返せば元彼に依存している状態だといえます。そのため元彼の良い面だけが記憶に残っており、悪い面が見えなくなっている状態である可能性が高いです。

「どうして別れたのか」を忘れていませんか? まずは元彼のことを客観的に思い返してください。元彼が次のような人物に該当するなら、ためらいなく未練を断ち切りましょう。

  • 社会性に欠ける
  • 不誠実
  • 女ぐせが悪い
  • 別れを繰り返す…など

元彼がこのような人間性なら、復縁しても不幸になる可能性が非常に高いです。元彼のことは忘れて、あなたにふさわしい素敵な男性を見つけましょう。

※ 元彼との復縁を目指すべきかの詳細は「【元彼を忘れられない】振られたけど復縁を目指すか忘れるべきかの判断基準」で取り上げています。

元カノと復縁したいと思う男性は実際にいる

黄昏ている男性の姿と「男性の4人に1人は元カノと復縁したいと思ったことがある」の文字

あなたは元彼に連絡したいと思うも、次のような不安を強くもっていませんか?

「そもそも復縁したいと思う男性なんているの? 実際にいても1%とか2%じゃない?」

確かに、どれほどの元カップルが復縁しているのかは気になる点です。復縁をしたいと思う男性がごく稀ならば、連絡するのをより躊躇しますよね。

元カノと復縁したいと思った男性の統計

実際に「男性が元カノと復縁したい」と思ったことがある男性が、どれだけいるかの統計を見つけましたのでご紹介します。

働く女性の恋愛と幸せな人生のガイドサイトを運営されている「マイナビウーマン」さんによる発表です。22~38歳の働く男性105名にアンケートを実施した結果は次のとおりとなります。

今までに元カノと復縁したいと思ったことはある?
ある・・・24.8%
ない・・・75.2%
引用先:マイナビウーマン

いかがですか? 私は意外に多いと思いました。約4人に1人って結構な割合ですよね。ちなみに同調査で、元彼と復縁したいと思ったことのある女性は「21.9%」だそうで、男性の方が復縁願望はあるのがわかります。

調査結果を見ると、復縁できる可能性は十分あることが読み取れます。元彼に復縁したい! と思わせるような女性になれば、この数字はさらに上がると予想できるからです。

元彼に復縁したいと思わせる女性となるには、そのための正しい段階を踏む必要があります。それは後ほどお伝えしますね。

元カノから連絡がきた男性はどう思う?

元カノから連絡がくれば男性はどんな心境になるでしょうか。当然ながら個々により別れた経緯などが違ってくるし、感じ方も誰しも同じようなものではありません。

とはいえ、肯定的である男性が多いように感じます。実際、友達など男性17名に聞いたところ、嫌な気持ちを持つと答えた人はおらず、むしろ嬉しいと感じる人も多くいました。

よく男性は過去の恋人のことを「名前をつけて保存」すると例えられるほどです。元カノを特別な女性として記憶にしている男性が多くいるため、この結果もうなずけます。

つまり、元彼に連絡するタイミングやそれまでの過程を間違えなければ、高確率でやりとりが再び盛り上がって復縁できるのです。

冷却期間を置いてから元彼へ連絡するのが基本

腕組をして不満な顔をする男性の姿と「元カノに対する負の感情」などの文字

ここからは実際に元彼へ連絡するまでの適切な順序やポイントなどを詳細にお伝えします。

メッセージ内容を気にする方が多いですが、そもそも現時点で連絡してもOKなのかが問題となります。

連絡する段階ではないのに実際に元彼へ電話などをすれば、着信拒否される可能性もあるため適切な順序を押さえましょう。

別れてしばらくは元彼に連絡してはいけない

復縁を目指す方の多くは、無意識にすぐ元彼へ連絡をしがちですが、別れてすぐに連絡するのは基本的にはNGとなります。別れてしばらくの間は、元彼は元カノに対して悪い感情を持っているからです。

元彼が別れを後悔している場合は別として、別れて間も経たない元彼にすぐ連絡してしまうと、嫌悪感を強く持たれます。連絡をするほど復縁の可能性をゼロに近づける自爆行為なので、絶対にやめましょう。

元彼の負の感情を払拭させる

元彼に連絡したいのなら、元彼の元カノに対する負の感情を払拭させないといけません。負の感情を持たれている間は、何をやっても逆効果になるでしょう。

元彼の元カノに対する負の感情を払拭させるためには、こちらが元彼とのあらゆる接触の一切を絶つ期間を置くことが必要です。人間は時の経過と共に負の感情は払拭されます。男性は特にその傾向が強いです。

さくら
さくら

元彼のこちらに対する負の感情をとり除けた状態になって初めて、連絡できる段階となります。

なお負の感情を払拭させる効果を狙った期間のことを、「冷却期間」と呼びます。冷却期間をどれだけ置くべきかは、人それぞれなので一概にはいえませんが、基本的には「3ヶ月」となります。

※ 冷却期間の詳細は「元彼と復縁できる真の冷却期間の過ごし方【成功率200%UP!】を徹底解説」で取り上げています。

元カノは魅力的だと感じてもらうための取り組み

若い女性が化粧をしている姿と「とことん自分を磨いてい元彼に興味をもたせる」の文字

お相手が別れを決めた原因のひとつとして、元彼がこちらに対し、女性として魅力を感じなくなったことが挙げられます。

魅力を感じなくなった理由は、お相手がこちらの魅力を満遍なく知り尽くし、飽きて退屈になったからです。

元彼に元カノのことを魅力的な女性と再び感じてもらうには、元彼が知らない新しい魅力や一面を身につける必要があります。

新たな魅力や一面を作る自分磨きを徹底

新たなる魅力や一面を作るためには「自分磨き」を徹底的に取り組みましょう。自分磨きはその名の通り自分を磨くことです。

自分を磨くことで、女性としての新たな魅力や一面を身につけられます。その姿を元彼が見れば興味がわくので、元カノと積極的にやりとりしたいと思うでしょう。

元彼にこちらへ興味を持たすことができるか否かで、復縁が進展するどうかが決まるので、大事なポイントとなりますよ。自分磨きの一例は次のとおりです。

  • 理想的な体を作るためのダイエット
  • ヘアスタイルやメイクの勉強
  • 知見を広げるための読書
  • 資格試験に挑戦
  • 料理の腕をあげる
  • ファッションの勉強…など

美容面の追究や、新たなことにチャレンジをするのが効果的でオススメです。

※ 自分磨きの詳細は「復縁の成功率が大きくUPする自分磨きの重要ポイント!【結果にコミット】」で取り上げています。

復縁したいのなら別れの原因の改善は絶対

IMPORTANTOと1スペルずつ画鋲止めされた写真と「元彼にもう二度と嫌な思いをさせない自分を作る」の文字

元彼との復縁を成功させ、その後もずっと一緒にいるためには別れの原因を見つけて改善させることが絶対です。

さくら
さくら

別れの原因は元彼がこちらに対して、不満に感じている部分に当たります。

不満に感じている部分を改めなければ、元彼は復縁を考えようとしません。別れの原因は自身が抱える重大な問題だと強く認識してください。

別れの原因の改善なしでは、仮に復縁ができたとしても、再び別れる可能性は高いでしょう。お相手が嫌だと感じている根本が直っていないため、いずれそこが不満になり一緒にいるのが我慢できなくなるからです。

元彼が告げた理由はウソの可能性が高い

元彼が告げた別れの理由の文字と嘘と書かれた文字を虫眼鏡で覗く

別れの原因として真っ先に思いつくのは、お相手から告げられた別れたい理由ではないでしょうか。

実は、お相手の別れたい理由はウソである可能性が高いですので、これを原因と思ってはいけません。別れたい理由を正直に伝えると、彼女を傷つけてしまう、または揉めてしまう、と考えているからです。

さくら
さくら

ウソの別れの理由を真にうけ、その点を改善してもズレているので意味はありません。

自身で別れの本当の原因を見つける必要があります。見つけ方の詳細は「別れの原因の知る主な方法2つを解説【彼氏に振られた本当の理由がわかる】」で取り上げています。

元彼に連絡したい衝動を抑えるには

両手を胸におく女性の姿と「衝動は抑えられる」などの文字

冷却期間中は元彼に連絡したい衝動に強く駆られます。その場面でこそ「自分磨き」や「別れた原因の改善」に没頭しましょう。

連絡したい衝動が抑えられない
人間は自分の見ているものや、やっていることで構成されています。ですので、元彼に連絡したい衝動を抑えられない方は、自分磨きなどの取り組みが不十分だといえるでしょう。
 
本来取り組むべき活動が不十分だから、元彼のことばかりを考えてしまう結果、連絡したい気持ちが抑えられなくなるのです。

復縁活動に集中できていれば、元彼に連絡したい衝動には駆られません。少なくとも、感情任せに元彼へ連絡してしまう事態にはならないでしょう。

マインドの大部分が、元彼のことではなく「自分を魅力的な女性にすること」に占めているからです。

連絡したい気持ちを抑えるだけではダメ

単に、元彼へ連絡したい気持ちを抑えるだけの日々を過ごし、冷却期間を終えても意味はありません。

元彼とすれば、自分に対する未練がアリアリとわかり、別れたときと同じままの元カノを見ても、惹かれることは一切ないからです。

元彼のことで頭がいっぱいの状態である日々を送っても、魅力的にはならないため、復縁できる可能性はありません。復縁したいのなら、元彼のことを忘れるくらいに復縁活動に励みましょう。

※ 復縁活動に集中するためのポイントは「【自分磨きのモチベが続かない人へ】やる気が常に保て抜群に効果を出す方法」で取り上げています。

元彼に連絡してもOKなタイミングとポイント

スマホを持つ女性の手の画像と「自分の成長を実感できてから」などの文字

実際に元彼へ連絡しても大丈夫なタイミングは、次の3つがすべて揃った状態になったときです。

  • 適切な冷却期間を置いた
  • 新たな魅力や一面を身につけた
  • 別れた原因を改善できた

元彼に連絡したい気持ちが先走り、この3つのことが不十分なのに実際へ連絡してしまう方がいます。やはり結果は悪く、まったく相手にしてもらえないことが大半です。

冷却期間を置いたとしても、別れた原因の改善などができていないなら、意味がないのは既にお伝えしたとおりです。

さくら
さくら

自分は変われたという自信が持ててから、元彼に連絡しましょう。

自信が持てるまでは、取り組むべき復縁活動に没頭するべきです。

いきなり元彼に電話するのはNG

続いて適切な連絡の手段についてお伝えします。今まで頑張ってきたのに連絡の手段などを間違えることで、これまでの苦労はすべて泡となり復縁が遠のく事態になりかねません。

さくら
さくら

元彼への連絡手段としてNGなのは、いきなり電話することです。

「元彼の声が久しぶりに聞きたいから電話したい!」 その気持ちはよくわかりますが、電話で元彼に連絡するのは不適切。電話はでてみないと用件がわからないからです。

別れた元カノから連絡がいきなり入れば、元彼はビックリします。「やり直したいとか言ってくる?」などと余計なことを考えさせる結果、元カノを警戒してしまうため復縁が進展しにくくなります。

LINEよりメールの方がベター

元彼に対する連絡はメールやLINEで行うようにしましょう。特にメールでの連絡をオススメします。LINEはメールと比べて簡単にブロックできてしまうからです。

元彼とのやりとりがスムーズにできるようになってから、LINEに切り替えるほうが無難でしょう。とはいえ、最近はお相手のメールアドレスを知らない方も多いので、その場合はLINEでOKです。

復縁目的だと気づかれてはいけない

直接的でなくても「よりを戻したい」「会いたい」「寂しい」という気持ちが元彼に伝わる内容は避けましょう。

元彼への未練が見え隠れするメッセージでは、お相手に復縁目的で連絡してきているのだと、容易に気づかれるからです。

元カノの未練が見えることでお相手は警戒してしまい、やりとりが続かなくなるため復縁はなかなか進展しません。

※ 未練を見せるのがNGである理由の詳細は「復縁するには元彼に未練が見えてはいけない6つの理由と消す方法【解決法】」で取り上げています。

元彼に連絡するときは友達としてする

ブルーのソファに座ってコーヒーを飲みながら談笑する友達と「友達から関係を再構築し恋人関係に発展させる」の文字

元彼に連絡するときは、友達という立ち位置でしましょう。先ほどと同じく復縁目的だと気づかれないためです。ふたりは別れたのですから、交際中のときと同じようなやりとりするのは厳禁です。

さくら
さくら

まずは友達として繋がりもち、ふたりの縁を繋いでおきましょう。

元彼との縁さえ繋いでいれば、信頼関係を構築できるからです。関係性を深めることでふたりの距離は縮まり、いずれ恋人関係に発展させることができます。

友達の立場をとる理由の詳細は「元彼と復縁するための友達からという選択【恋人関係への確かな再構築法】」で取り上げています。

元彼の立場になって考える

元彼のペースを無視してLINEやメールを送り続けてはいけません。当然のことかと思うかもしれませんが、実際はできていない方が多いです。

「私が連絡したいから」ではいけません。「元彼が連絡をされても迷惑ではないか?」を考えましょう。

特に男性は、自身のリズムを崩されるのを嫌がるので、メールやLINEを仕事中や夜中に送るのは厳禁です。また返信がないのに立て続けにメッセージを送ったり、返信を促したりしてはいけません。

相手のことを考えられない、自分勝手な人物だと思われる結果、着信拒否などをされるからです。

別れて初めて送るべき適切なメッセージ内容

スマホのLINEトーク画面と「元彼の距離をいきなり縮めようとせず」などの文字

冷却期間後、元彼へ初めて送るLINEなどのメッセージ内容はとても大切です。

ここまで読んで頂いているならおわかりでしょうが、デートなどの誘いは早すぎます。返信がくる可能性は低く、仮にきても突き放すような内容か、都合よく利用されるだけです。

都合よく利用されるとは、元彼の性欲を満たすためエッチ目的で会ったりされるなどです。詳しくは「元カレの脱セフレ宣言!セフレ状態を脱却し復縁する為の実践法則」で取り上げています。

さくら
さくら

長文や反省や謝罪の内容もやめましょう。

「よりを戻したい」「あなたがまだ好き」と言っているのと同じです。当然ながらお相手は重いと感じてしまい、返信することをためらいます。

元彼から返信がくる4つの要素

元彼へ最初に送る適切なメッセージは次のとおりです。

  • 明るく
  • 短く
  • 必要性がある
  • 元彼が返信し易い内容

これらの内容を含んだメッセージにすることで、元彼から返信を貰えやすくなりますよ。

※ 元彼から返信がこない場合の対処法などは「復縁できるLINEメッセージやアイコンはこれ!【5つのポイントで返信率UP】」で取り上げています。

元彼に連絡したいのなら自分をしっかり変える

木の板に「まとめ」の文字とマジックインク

復縁成功に繋げるための、元彼に対する連絡のポイントを取り上げました。

元彼へ連絡したいと思い、そのまま何も考えず連絡しても復縁に繋げることはできません。むしろ関係を悪化させる可能性も十分あります。

復縁を成功させたいのなら、実際に元彼に連絡するまでに「別れた原因の改善」や「自分磨き」を徹底できるかがポイントになります。冷却期間中はこれらのことを徹底しましょう。

元彼に連絡する際は友達の立場から入り、焦らず徐々に距離を縮めることが大切です。元彼との縁さえ繋いでいれば、いずれ恋人関係へと再び発展しますよ。

それでは、最後まで見ていただきありがとうございました。さくらがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください