元カレに復縁を断られた人でも諦める必要なし【5つのポイントでOKがでる】

元カレに復縁を断られた人でも諦める必要なし【5つのポイントでOKがでる】

勇気をだして元彼に復縁の告白をしたけど断られた… 当然ながら強いショックを受けると同時に、次のよう悩みや疑問がでるでしょう。

ここでは元彼に復縁を断れた場合でも、そこから復縁を成功させるためポイントを取り上げます。

復縁の告白を断られても、その後に適切な行動をしたことで復縁できた方は多くいます。大切なのは断られた後の行動ですので諦める必要はありません。

復縁を断られる人の大半は段階が踏めていない

元彼に復縁を断られている原因の多くは、復縁の適切な段階を踏めていないことです。復縁の段階とは大まかには次のとおりです。

適切な復縁の段階を踏まずに、テレビなどの占いの結果だけを頼りにして、いきなり復縁の告白をしようとする方は本当に多いです。それでは元彼に復縁を断られて当然です。

通常の恋愛でも仕事でも勉強でも何でもそうですが、適切な段階を踏まないと結果は得られません。

例えば、運転免許証の試験でも、いきなり何の段階も踏まずに試験を受けても不合格になります。

合格するには実技試験を合格し、教習所で道路交通法など学科を学び、過去問を何度か解くという段階を踏むことが必要です。同様に復縁も正しい段階を踏んでこそ成功に繋げられます。

なお先ほどの1~5の各段階を確認したい方は、詳細記事の各リンクを先ほどの箇条書きの文字に貼っています。

復縁を断られないための重要ポイント

先ほどの復縁の5つの段階のなかで、特に重要なのは②の「別れの原因の追究と改善」と④の「自分磨きの徹底」です。

お相手が別れを決断したのは、交際中の彼女の言動などが嫌になり、もうこれ以上付き合えないと思ったからです。

交際していた彼女が別れた当時のままで何も変わっていなければ、元カノの復縁の申し出を断るのは当然でしょう。

さくら
さくら

別れた当時の自分を大きく成長させて輝かせ、魅力的な女性に変わらないと復縁はできません。

自分を魅力的に変えるためには、別れの原因、つまり自分側にある問題点の改善と、新しい魅力を備える自分磨きが必須です。

別れた当時の自分のままでは全然ダメ

自分を変えようとせずに元彼との復縁を望むのは、ご都合主義の何でもありません。復縁したいのなら、自分を成長させる取り組みが当たり前のように求められるのです。

自分を変えようとせずに元彼との復縁を望むのは、ご都合主義の何でもありません。復縁したいのなら、自分を成長させる取り組みが当たり前のように求められるのです。

※ 自分側にある問題点を改善する重要さの詳細は「時間の大切さと別れの原因がわからない人は元カレと復縁できない【注意】」で取り上げています。

復縁の段階を踏んでいるのに断られた場合の原因

段階を踏めていない以外で、復縁を断られた原因として考えられるのは「タイミングが悪い」「今カノと清算できていない」です。個別に内容をお伝えします。

タイミングが悪い

元彼が恋愛以外の問題を抱えていて、今は元カノの復縁の申し出を受け入れられない場合もあります。恋愛以外の問題とは次のような事情です。

  • 元彼の仕事が忙しい
  • 元彼の体調が芳しくない
  • 元彼が自身の親を看病している…など

このような状況に復縁を求めてもタイミングが悪く、元彼は復縁を考えられません。今は元彼が抱えている問題が解決する時期を待ちましょう。

今カノとの関係が清算できていない

元彼の気持ちとしては元カノと復縁したいと思っているが、今カノとの関係が清算できていない状況である。

元彼としては、今カノとの関係にきちんとケジメをつけてから、元カノと付き合いたいと考えています。ここもスッと引くことです。

ここで押してしまうと「絶対に別れたくない」とすがっている今カノと同等となります。そうなると、元彼は元カノに対して「君も俺を困らせるのか?」と面倒に思われます。

元彼を信じてケリがつくのを待ちましょう。ただその時を待っていてはいけません。

さくら
さくら

復縁をより確かにするためにも、自分磨きを継続し続けてもっと魅力的な女性になりましょう。

元カノからの復縁を断った元彼の心境

男性が立った状態で右手を顎につけて思いつめている

次に復縁を断った元彼の心境を知っておきましょう。ここでは復縁の段階をしっかり踏んだ上で、断った場合の元彼の心境をお伝えします。

段階をしっかり踏めたのなら、復縁を断られたことをマイナスに捉えて悲観的になる必要はまったくないです。むしろ次のようにプラスになる要素もあります。

  • もう会えないかも…と喪失感がでる
  • 元カノに申し訳ない気持ちになる
  • 元カノと距離が生じたため緊張感が増す

特に注目は喪失感がでてくる点です。

これまで元カノと仲良くしてきたのに、復縁を断ったがために今後は関係が途切れるかも? と感じます。そのことで、不安感に襲われ、急に寂しくなったり、切なくなったりするのです。

元彼の寂しさなどの感情を大きくさせることは、復縁にとってプラス要素となります。

元彼に復縁をハッキリ断られたなら絶望的?

耳頬を左腕を伸ばした上に乗せて物思いにふける女性

元彼に復縁の告白をしたが「君との復縁は考えられない」とハッキリと断られた。この事実をどう受け止めるべきでしょうか? 答えは「スルーすること」です。

スルーすべき理由
元彼に復縁をハッキリ断られても、今後の復縁を目指すにおいて大きなハンデを負った訳でも、難易度が上がった訳でもありません。通常「復縁を考えている」なんて誰も言わないからです。

それに復縁を考えてないのは、かえって当たり前なのですから。

またハッキリ断るか断らないかで、元彼の心理状態が大きく異なることもありません。単なるお相手の「気質上」のものです。

実際、ハッキリと復縁を断られたが、その後に復縁している人はたくさんいます。

復縁を断られたことを気にし過ぎると…

復縁をはっきりと断られ、それを気にしてウジウジして悲しんでいると、自分の魅力はどんどん減少します。

自分の魅力が失われれば、その後訪れるチャンスをなくす恐れがあるため、気持ちを切り替えることです。  別れた後に復縁の告白をできる状態まで、元彼の信頼を取り戻せているのです。必ずチャンスは再び訪れますよ。

さくら
さくら

復縁をハッキリ断られたことは気にせず、また変に意識せずにこれまで通りに明るく接しましょう。

復縁を断られたけど復縁した人はいる

復縁したカップルが夕日を見ている

復縁を断られたけど復縁できた人は多くいます。成功者の例をいくつかご紹介します。

私の場合断られましたがそのまま友達として接して仲良く喋って別れてから5ヶ月後やり直してほしいと言われました

ヤフー知恵袋

1度断られましたが、その後彼からの申し出で復縁しました。 私の場合ですが、別れたあと冷却期間を置いて、その後友人関係を続け、毎回彼からの誘いで月1.2回会う感じでした。

私は復縁を考えていたため、ある日「私のこと友達としてみてる?」とききました。彼は「大切な人には変わりないけど友人として見ていた」と。 私は彼を異性として見ていること、友人にはやはり戻れないことを伝えこちらからフェードアウトしていました。

その後、彼からの誘いでまた何となく会っていましたが前ほど私が乗り気でないのも感じ取っていたし、以前より私の異性関係を気にするようになりました。 そして、年末になり彼から、年が明ける前に話したい。と言われ話し合いました

彼からは、年が終わる節目もあって、復縁するかしないかを考えていた、以前友人として見ていたと言ったけど本当は異性として意識していた、私が嫌でなければやり直して欲しい。と言われました。

ヤフー知恵袋

復縁を断ったことも断られたこともあります。 復縁成功したのは冷却期間1年以上で、もう元カレを過去として冷静に受け止められるようになってから、でしたね。

冷却期間というより、自分の気持ちが落ち着かないと上手くいかないんだと思います。 どうしても相手に合わせたり、強がって友達のフリしててもがっついてる雰囲気が出ちゃって、それを警戒されるのかなーと。

ヤフー知恵袋
さくら
さくら

以上のように、元彼から復縁を断られたけど、復縁できた人はいます。諦める必要はまったくありません。

復縁を断られた後の返事などの適切な対処

POINT!と書かれた付箋と「復縁を断られた後の適切な3STEP」の文字

元彼に復縁を断られた後の正しい対処法は次の3つです。

これら3つのできれば、復縁を断られたことがマイナスになることはありません。個別に内容をお伝えします。

スッと引く(押さない)

元彼が復縁を断ったときは、泣いたり、すがったりして、未練がましい行動するのは当然NGです。加えて、元彼が迷っているときも含め、基本的には押してはいけません。

押せば、元彼が元カノのことを「自分のことしか考えられないのか…」などと嫌悪感を持つ恐れがあるからです。そうなると元カノのことが急に面倒に感じ始めます。

ですので、元彼が復縁を断った場合や迷っている場合はスッと引きましょう。

元彼に気にしてないと伝える

元彼は復縁を断ったことで、元カノに対して申し訳なさや、期待させたことを反省している気持ちが多少あります。

こちらがウジウジ落ち込んでいると、元彼はさらに罪悪感を持つので元カノから距離を置きます。ですので、復縁を断られたときは、次のような言葉で気にしていないと伝えましょう。

さくら
さくら

わかった! じゃあ友達としてこれからも仲良くしてね!

こんな感じで明るく伝えましょう。

こちらが軽く流すことで重い空気にならず、元彼の負担は最小限に抑えられます。その後は断れたことを気にせず、いつも通り明るく振舞うことです。

これらの対応をすれば、元彼は復縁を断ったことの罪悪感などが薄らぎ、この先も安心してこちらの連絡に応じてくれるでしょう。

連絡の頻度を落とす

元彼へ急に近づきすぎたため、復縁の告白を断られた可能性があります。ですので、断られた後の元彼への連絡の頻度は、告白をする前より落としましょう。

例えば、週に4回連絡をしていたなら、週に1回程度までに落とすのです。連絡の頻度を落とすことで、元彼に次のような喪失感を与えられる可能性もあります。

元カノからの連絡が減った元彼の心境
「元カノからの連絡が急に少なくなったから寂しい。それだけ俺は元カノとのやりとりが楽しかったのか…」
 
「俺にとって元カノの存在が大きくなっていたんだな」

喪失感は間違いなくプラスに働きます。

元彼に対して復縁の再告白のタイミング

「When?」のスペルが印字されたサイコロ状の木のブロック5つと壁掛け時計

最後に、復縁の再告白のタイミングについてお伝えします。

実は復縁の告白は元彼からしてもらうのが原則なのです。その主な理由、は元彼にその言葉の責任を持ってもらうためです。基本的には元彼からの告白を待ちましょう。

詳しくは「【元彼へ復縁の告白はまだしないで】4つのポイントを押さえて確実に決める」で取り上げています。

こちらが元彼に復縁の告白をする場合

元彼が奥手、プライドが非常に高いタイプなら、こちらから復縁の告白をする場合もあります。その場合のタイミングですが、復縁を断られた原因を解消したうえで、次のような状況になっている必要があります。

  • 元彼からの連絡がよくくる
  • 何度か会えている
  • こちらに興味をもっている
  • よく元彼自身の話をしてくる
  • 時々ジョークも言ってくる
  • 元彼を幸せにする自信がある

これらのことに多く当てはまるなら、元彼はこちらに惹かれているし、信頼もされています。自信を持って再告白しても大丈夫です。

※ あなたが元彼を幸せすることの詳細については「復縁を求めるのは元彼にとって迷惑 or 幸せ?違いは2つで決まる【解決】」で取り上げています。

元彼に復縁を断れたなら体制を立て直そう

木の板に「まとめ」の文字とマジックインク

元彼に復縁を断れた場合でも、そこから復縁を成功させるためポイントを取り上げました。

復縁を断られる原因の大半は、復縁の段階をしっかり踏めていないことですので、まずはそれを確認しましょう。

また復縁を断られたなら、その後はスッと引き、元彼に気にしていないことを伝えましょう。間違っても泣いてすがったり、押し続けたりしてはいけません。

いずれチャンスは必ず訪れます。そのときに向けて自分を魅力的にする取り組みをしっかり行うのが何よりも大事です。

それでは最後まで見ていただきありがとうございました。さくらがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください